トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法
iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法

iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法

iPhoneからPCに音楽やデータを転送する方法、ご存知ですか?

iPhoneに同期したはずのパソコンの音楽データが消えてしまったり、iPhoneで購入した曲をパソコンに転送したい、iPhone側のデータが増えすぎたので、パソコンへデータ移動してバックアップを取りたい、誰でも考えたことがある悩みだと思いますが、これからご紹介する方法であれば簡単に実装することができます。

iPhoneからPCへは原則、音楽を戻す事は出来ないので、実行されるときは自己責任となりますのでご注意下さい。

・iPhoneからPCに音楽を転送する
・iPhoneからPCへ同期する

文字にしてみると少し難しそうに見えるかもしれませんが、本当にポチポチとするだけで簡単に転送されてしまうので、そのiPhoneからPCへデータ移行する方法をご紹介いたします。

iPhoneからPCへデータを移す基本動作

基本的にiPhoneからPCへデータを移動させると言う事は、「同期」させる事となります。これはパソコンからiPhoneへデータを同期するのと同じ作業だと考えてください。

iPhoneからPCに音楽転送しよう!

iPhoneからPCにiTunesで簡単にファイルデータ転送出来る転送ソプとがあり、多くの人がよく利用しているものがコチラの「CopyTrans」です。

CopyTrans

iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法

iPhoneからPCへ音楽がワンクリックで転送でき、そしてiPhoneに入れていたプレイリストや、アートワーク、再生回数等のデータも全て元通りになります。

上記リンクからサイトを見ればきっと簡単にできるはずです。

CopyTrans以外にも素晴らしい転送ソフト

その他にも音楽だけでなく、iPhoneからPCへ写真転送、iPhoneからPCへ画像転送をすることが一気にできるアプリもあります。

Wondershare TunesGo

iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法

日本語にも対応しているので安心して使うことができます。またダウンロード数も日々伸びていってるので、そういったセキュリティの部分でも心配なくお使いいだけます。

このソフトはパソコンにiTunesが入っていない状態でも、電話帳・連絡先・メッセージなんかもiPhoneからPCに移行することができる優れもの。

インターフェースなども普段から使っているiTunesに少し似てるので、直感で操作することもできますが、最初に触る時はしっかりと調べてから触るようにしましょう。

iTunesを使って、iPhoneからPCに同期させよう!

さきほどのソフトが便利なのはお分かりいただけたでしょうか。ですが、やはりiTunesでiPhoneからPCへ写真、その他のデータを同期させたい、なんて方もいらっしゃると思います。

そんな方の為に、iTunesを使ってのiPhoneからPCの同期の方法をご紹介してみたいと思います。

まずUSBケーブルでiPhoneとパソコンを接続するのですが、パソコンの設定によってはiPhoneを接続すると同時にiTunesが起動することがあります。その時、iTunesの設定が「自動同期」になっていると、iPhoneとの同期が自動的に開始してしまい、必要だったデータが消えたり、同じ写真や音楽が重複する場合もあります。

iPhoneを接続する前に、必ずパソコンのiTunesの設定が「自動同期をしない」になっているかを確認しておきましょう。

iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法

上記画面のようなやり方もあるのですが、もっとシンプルな方法は下記のようになっています。

1.iTunesのメニューバーにある編集を押し、環境設定。
3.設定画面がポップアップされるので、その中にある「デバイス」を選択します。
4.「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れたら「OK」

それでは早速、iPhoneからPCを同期していきましょう。br />

iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法
・購入したアプリや音楽をiTunesに追加する方法
1.メニューバーにある「アカウント」 → 「認証」 → 「このコンピュータを認証」を選択
2.「Apple ID」と「パスワード」を入力→「認証」
3.「コンピュータの認証が完了しました。」→「OK」
4.付属のUSBケーブルでiPhoneを接続したら

「ファイル」→「デバイス」→「購入した項目●●~転送」と進みましょう。

するとiPhoneからPCに転送が開始されますので、しばらくしてからAppleのマークが表示されたら転送は完了です。

ここで注意したいのは、音楽データのiPhoneからPCへの移行は「購入した物のみ」同期できると言う事です。それ以外の音楽データはiTunesで移行する事は出来ませんのでお気を付けください。

iPhoneからPCへ画像や動画を転送しよう

iPhoneで撮影した動画や、画像、写真もiPhoneからPCへ送ることができます。iPhoneの中に溜まり過ぎるとデータが大きくなりすぎて、iPhoneの使い勝手やバッテリーの持ち等が悪くなることがあります。

そして、iPhoneからPCで動画や画像等を転送するには3つの方法があります。

1.USBケーブルを使用し、iPhoneからPCの転送
2.フォトストリームを使用し、iPhoneからPCの転送
3.LINEで選択した写真のみ、iPhoneからPCに転送

やりやすい方法を選択しましょう。ここでは一番手軽にできる「USBケーブルを使用し、iPhoneからPCの転送」のやり方をご紹介します。

1.iPhoneを、純正のUSBケーブルに繋ぎ、パソコンと接続します
2.iPhoneからPCに始めて接続する時は、iPhoneの画面に

「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されます。表示さえれれば「信頼」をタップしましょう。

3.パソコン側でiTunesを起動すると、今度は「このコンピュータがiPhone上の情報にアクセスするのを許可しますか?アクセスを許可しない場合、このコンピュータでiPhoneを管理したり同期したりできなくなります」と言うメッセージが表示されるので、「続ける」を選択してください

これでパソコンからiPhoneを、認証できるようになりました、これ以降はこの許可について、聞かれる事はありませんのでご安心を。必ず両方で許可を設定するようにしましょう。

それではiPhoneからPCへの写真や動画等の転送の方法です。基本的にはWindows10でのやり方をご説明しますが、Windows7でも手順はほぼ同じとなります。

1.iPhoneをPCに接続すると
「iPhone タップしてこのデバイスに対して行う作業を選んでください」と言うメッセージが表示さてますので、クリックしましょう

2.現れた項目の中から「写真とビデオの読み込みフォト」をクリック
3.iPhoneの中の写真一覧が表示されます

この時、デフォルトで写真の全てが選択されていると思います、パソコンへ転送しない写真等は、都度クリックしてチェックを外しておきましょう

4.転送する写真や動画がチェック出来たら画面右下にある、「インポート」をクリックします
5.インポートが始まり、しばらくするとインポートが完了した旨の確認が表示されますので「完了」を選択しましょう

これで写真や動画のデータを、iPhoneをPCに転送する事が出来ました。

意外と簡単なiPhoneからPCに音楽やデータを移す方法

iPhoneからPCに音楽やデータを移す方法をご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか。やはり音楽データに関してはソフトを使って転送するのが一番楽だと思うので、CopyTransやWondershare TunesGoを使うことをオススメします。

パソコンを買い替えたり、故障したりでデータが飛んだ時だけでなく、iPhoneの容量節約や、保存しているデータの整理、いざと言う時のバックアップに色々と用途はありそうなので、是非ともお試しく下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る