ここにたどり着いたということは、実際にiPhoneを水没させてしまった方々かと思います。
まずは焦らず、この記事をお読みいただき、適切に対処してください。
やってしまったものは後悔しても仕方がありません。
最善を尽くして、データ破損を防ぎましょう!

1.まずはタオルで水分をふき取る

水没させてしまったiPhoneをタオルで良く拭いてください。
やってはいけないこと:ドライヤーなどで乾かす。

2.電源を消す

まだiPhoneがしっかり動いている場合も含めて、iPhoneの電源はOFFに。
やってはいけないこと:電源を再度つけて、使えるかどうか試すこと。
これ、最もやってはいけないことだとか。内部回路がショートを起こして、完全にご臨終してしまい復旧不可能に・・・

3.SIMカードを抜き取っておく

SIMカードは自分の端末情報が含まれたとても大切なもの。
iPhoneからSIMカードを抜き取って、優しい肌触りのティッシュなどで優しく水分を拭き取ります。
取りだしたSIMカードは大切に保管してください。
やってはいけないこと:SIMカードを傷つけない!

後は、内部の水分が乾くまで待つ!

気長に内部の水分が乾くまで待ちます。
やってはいけないこと:iPhoneはふったりせず、絶対安静状態で扱います。
ふったりすると内部の水分が移動して、内部回路をさらに痛めつけることに・・

後は、Appleカスタマーサポートや、SoftBankなどのキャリアショップで確認してもらいましょう!
健闘を祈ります!!

タグ一覧