iTunesのデータが消えた場合の対処法まとめ

iTunesのデータが消えた!!!

こんにちは! Applisionです、ある日突然、iTunesの中に入れていたデータが消えたら……どうしますか? そんな事考えた事もないですよね。

でも有り得ない事ではないんです……なので、今回はそんな恐ろしい事態に備えるため、iTunesのデータが消えてしまう原因や、消えてしまったデータを復元したり、消えた曲を探す方法等の対処法を、今日はまとめてお伝えいたします!

iTunesの消えたデータを探せ!

なぜ、iTunesの中に保存していた中身が消えてしまうのでしょう? 状況によっては一部だけ消えたり、全部消えたり等、症状は様々です。

iTunesをアップデートし、更新したら、入れていた音楽が消えてしまうと言う事もあるようですね。せっかく、iTunesで快適に音楽を聴くために構築した、音楽ファイルが消えてえしまったら……ショック大きすぎますね。

まずはこのトラブルの対処法をご紹介いたしましょう。このトラブルの場合、ライブラリ管理ファイルと言うものを、手動で復元する事で解決へと導いてくれるようです。

iTunesの「編集」→「設定」と進んでください。メニューが表示されていない場合は、パソコンのAltキーを押すと表示されます。

ここで、「一般」の項目の中にある「Apple Musicを表示」のチェックを外しましょう。

次に「詳細」のタブを開いて、「iTunes Mediaフォルダ」の確認をしてください。そしてそのフォルダを開いてください。

「詳細」で確認したフォルダを開くと「iTunes Library.itl」と言うファイルが確認できると思います。実はその「iTunes Library.itl」と言うファイルが、iTunesを初期化させた原因なんです。

・それではその原因となったファイルを、一時的に退避させましょう。
・ファイル名を「iTunes Library.itl」から「delete_iTunes Library.itl」と変更して保存してください。

すると、「Previous iTunes Libraries」と言うフォルダに、ライブラリ管理ファイルが、バックアップされます。なので最新のファイルをコピーして、1個上の階層にペーストしてください。

そしてペーストしたファイルの名前を「iTunes Library 2000-00-00(日付).itl」→「iTunes Library.itl」これでiTunesを再起動すれば、消えたiTunesデータが全て復元されているはずです。

タグ一覧