iPhoneアプリを完全にアンインストールする方法

使わないアプリをさようなら!

こんにちは! Applisionです!

iPhoneを便利に使って行こうとあれこれ試行錯誤していると気が付けばアプリが凄い量になってきますよね。それ以外にもこれを入れたら便利かな?と思って入れたままで使用しないアプリ等も残ってたりします。

そんなアプリたちがiPhoneを重くしてしまったり不具合を起こしてしまったりする事もありますし、アプリが多すぎると必要なアプリを見つけるのが大変になってしまいます。

そこでiPhoneに入っているアプリの整理をしようと試みます。

通常のアプリのアンインストールの仕方と言えば、「ホーム画面」でアプリのアイコンを長押し。出てきたアプリのアイコンの上にある「×」印をタップすると言う方法です。

・ご存知ですか? このアンインストールの方法ではホーム画面上でアプリを削除する事が出来ても「App Store」の購入履歴からは消えないんです。

ゲームを最初からやり直したいとか、容量を食う邪魔で無駄なアプリだから完全に削除したい!とか。

そうなんですよね、ゲームなんかはアンインストールして再インストールしても今までのデータが残っちゃうんです。あと、容量くうアプリは重くならる原因になりますしね。

なので、今日はそんな困ったを解決するべく、iPhoneに入っている不要なアプリをアンインストールするやり方をご紹介します!

iPhoneにインストールしたアプリを「App Store」の購入履歴から消す方法

パソコンを立ち上げてiTunesが起動したら次の流れで作業を進めてください。

iTunesの「App Store」内、右側にある「購入済み」と言う項目を選択してください。そうすると今までiPhoneで使っているアプリがずらりと並びますので、消したいアプリのアイコンの上にマウスのカーソルを合わせます。

するとアイコンの左上に「×」のマークが現れますのでそれをクリック。

「この購入済みアイテムを非表示にしますか」と言うポップアップが出たら「非表示」をクリック。これでパソコンでのiTunesの設定は終了です。

それではiPhoneで「App Store」を起動してみましょう。「アップデート」→「購入済み」の項目を表示してみると先ほど「非表示」に設定したアプリが消えているのが分かる筈です。ここまでお読みいただけばお分かりですよね。

・これはiPhoneからアンインストールして完全に削除されたのではなく「非表示」設定で「見えなくなっている」だけなんです。

アンインストールとはアプリケーション等をiPhoneから削除し、元の状態に戻す事を指します。これではその意味を成しませんね。

今まではiPhoneからアプリを完全にアンインストールして削除してしまうと言う事はできないと言われていたんです。

では、iPhoneからアプリを完全に消去するにはどうしたら良いのでしょうか? 次からは、アプリを完全に消去する方法について詳しくご説明します。

タグ一覧