iphoneが充電できない!?このアクセサリは状態になる原因

【iPhone】『このアクセサリーは 使用できません』と 表示されたときの 確認すべきことと対処法

iPhoneのバッテリーが少なくなり、充電器に差し込むと「iphone このアクセサリは使用できません」というメッセージが表示されたことはありませんか?

このような症状はいくつか発生しているそうですね。
そこで今回は、このアクセサリーは使用できませんを解決する方法をまとめました。お困りの方は参考にしてみてください。

(その他の表示されるメッセージ)
・このアクセサリの充電機能はサポートされていません
・このアクセサリは充電に対応していません
・このアクセサリはこのiphone用に設計されていません

理由としては以下の4つが考えられます。

①Apple純正の充電器ではない

今や100円均一でも見かけるようになったLightningケーブルですが、やはり純正のものでないとiPhoneで正しく作動しないようです。

純正のアクセサリは決して安いものではないので、つい安い方に手が出てしまいがちですが、そもそも使えなければ意味がありません。iPhoneに関しては純正品を購入するのが間違いなさそうです。

また、きちんとiPhoneに対応している製品かどうか見極めるために覚え置きたいのは「Made for iPhone」という表示ステッカー。このステッカーが製品についている場合は、iPhoneで動作確認が行われている証拠です。最低限この表示がされている製品を選ぶようにしましょう。

Made for iPhone
Made for iPhone

②接触不良を確認

ケーブルが断線していたり、接触不良があると充電器が反応しない場合があります。まずは接触不良を確認してみましょう。他の充電器があれば付け替えてテストしてみましょう。

また、USBハブを使用していると電圧不足で使えない場合もあるようですので、ハブを外して試してみてください。

③iOSのアップデートが原因となっている場合

iOSのアップデートで充電器が使えないという報告が複数あるようです。この場合は正規品を買い直しても症状が改善する保証はありません。ショップへ持ち込むのが良さそうです。

お使いのiPhoneのiOSを確認するには、『設定 > 一般 > 情報 > バージョン』で確認できます。
現在のiOSの確認方法
設定→一般→情報→バージョン

④バッテリーの劣化

ほとんどのバッテリーには使用回数というものがあり、もちろんiPhoneで使用されているバッテリーにも使用回数があります。iPhoneはフル充電から0%になるまで約500回使用すると、80%までしか充電できなくなり、その後はどんどんバッテリーが劣化していきます。

普段は気にしないようなことでも、こういったトラブルは発生するみたいですね。こうなってしまった場合はバッテリーの交換をするか、長年使っているのであれば、機種変更など視野に入れてみてもいいでしょう。

⑤その他の対応

上記の理由が考えられない場合は、以下の対応を試してみてください。

・ソフトウェアを最新バージョンにアップデートしてみる

お使いのiPhoneのiOSを確認するには、『設定 > 一般 > 情報』で行うことができます。

・アクセサリを取り外して、デバイスを再起動してみる

iPhoneの電源ボタンをボタンを長押しして、画面に『スライドで電源オフ』が表示されたらスライドしてオフにし、しばらく待ってから同じ手順で再度起動してください。

・別のデバイスで試してみる

お持ちの充電器に対応している他のデバイスがあれば、付け替えて正しく作動するか確認してみましょう。

まとめ

以上、このアクセサリーは使用できませんを解決する方法のご紹介でした。
私も現在このトラブルに悩まされているのですが、原因は間違いなく「接触不良」とわかっています。ですが、なかなかこういった周辺機器を購入するのも億劫な感じで、足が向かわないなんてときもありますよね。Amazon使えばいい話なのですが……(笑)

ですが、現在使用しているiPhoneがもうすぐ3年目に突入するので、バッテリーのほうも不安な状態ではあるので、そろそろ機種変更なども視野に入れていきたいと思います。

この記事がお役に立てたのであれば幸いです。