トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのマルチタスキング機能の活用方法について
iPhoneのマルチタスキング機能の活用方法について
更新
まとめ・説明書

iPhoneのマルチタスキング機能の活用方法について

iPhoneのマルチタスキング機能の活用方法について

iPhoneのマルチタスキングメニューとは?

こんにちは! Applisionです! iPhoneってOSのアップデートがあるたびに、どんどん便利になっていきますよね~。

その中でもiOS9から搭載された「マルチタスキング機能」をご存知でしょうか?

iPhoneの「マルチタスク」とは画面を切り替える事です。画面を切り替えるとできる事って?

マルチタスキング機能では、iPhoneをいちいちホーム画面に戻らなくても、一瞬で起動してる他のアプリに切り替える事ができるんです。

iPhone 6sと6s plusに導入された期待の新機能!

マルチタスキング機能を駆使する事で、iPhoneの使い勝手は格段と上がるでしょう。

でも名前を聞いてもピンと来ませんか?

iPhoneのマルチタスキング機能で、できる事

iPhoneで使用したいアプリを簡単に切り替える事ができます。

マルチタスキングの画面では、iPhoneの画面を左右にスワイプする事で、バックグランドで立ち上げたままのアプリの画面を、表示する事ができます。

なので、操作したいアプリをタップして選択すれば、簡単にアプリを切り替える事が可能となったんです。

また、iPhoneで使用していたアプリをマルチタスキング機能で、一気に終了させる事も可能です。

マルチタスキング機能の画面を上にスワイプする事で、バックグランドで動いているアプリを完全に終了させられます。

複数のアプリを一度にスワイプすれば、一気に複数のアプリを同時に終了させる事も可能なんですよ! やってみるとすごく便利、それでは実際の詳しい使い方をご紹介。

実際にiPhoneのマルチタスキング機能を使ってみよう!

iPhone本体にある「ホームボタン」を2回連続で押すと、最近使っていたアプリが表示されます。このアプリが表示されている領域の事を「マルチタスキングトレイ」と言います。

そのマルチタスキングトレイの画面を左右にスワイプし、使いたいアプリを探しましょう。使いたいアプリが見つかれば、そのアプリをタップ!

これだけで、マルチタスキングする設定はOKです。

アプリを閉じるは、またiPhoneのホームボタンをダブルクリックしましょう。するとまた最近使ったアプリが表示されますので、閉じたいアプリをiPhoneの画面の上にスワイプして終了しましょう。

今までは、一つずつしかバックグランドで動いているアプリを終了させられなかったので、マルチタスキング機能って便利ですね!

実はこうしてマルチタスキング機能を使っておく事でiPhone自体へのメリットも、次からもっと深く説明していきます!

iPhoneのアプリのバックグラウンド更新機能を使おう

別のアプリに切り替えたら、一部のアプリは少しの間実行を続けたあと、自動的に一時停止の状態になります。

この状態のアプリは「使用中」でも「起動中」でもありません。

なのでiPhoneのバッテリーの消耗を、抑える事ができるんです。

アプリのバックグランド更新機能を使うと、このような一時停止状態のまま止まっているアプリの、アップデート等が出ていないか、確認する事ができるんです。

・iPhoneの「設定」→「一般」→「App のバックグラウンド更新」そして「App のバックグラウンド更新」をオンにしてください

※アプリの切り替え画面でアプリを終了させてしまっている場合は、そのアプリをもう一度開くまで、アップデート等の確認が実行できない可能性もあります。

マルチタスキングインターフェイスに表示される項目を非表示にしたい!

iPhoneのマルチタスキングインターフェイスで、良く表示されている、「よく使う項目(連絡先)」または「履歴(通話履歴)」の2つの項目を、非表示する事が可能です。

iPhoneの「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「Appスイッチャーに表示」を選択します。表示された画面の中にある「電話のよく使う項目」と「履歴」の2つをオフにしてください。

これでOK! iPhoneのマルチタスキングインターフェイスに、表示されている、「よく使う項目(連絡先)」または「履歴(通話履歴)」は非表示になっているはずです。

iPhoneのマルチタスキング機能の活用方法について

iPadで便利に使われてきたこのマルチタスキング機能。iOS9でiPhoneに導入されたので、ますます便利にiPhoneを使いこなせますね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る