iPhoneをサインアウトするとどうなる?

iPhone自体をサインアウトすると?

こんにちは! Applisionです! iPhoneを使っているとよく耳にする「サインアウト」と言う言葉。

大体は「サインイン」とセットになっている事が多いですよね。

私たちは何気なくiPhoneを使ってiCloudに「サインイン」していますが……これ、サインアウトするとどうなるのでしょうか。

何かのはずみでサインアウトしてしまったら、元に戻す方法をご存知ですか?

そんな、iPhoneを使用している時にサインアウトしてしまうとどうなるのかについて、今日も一緒に考えていきましょう。

iPhoneをサインアウトする意味

そもそもサインアウトにはどういう意味があるのでしょう?

簡単に説明すると、iPhoneでiCloudを使っている状態は「サインイン」している状態です。

つまりサインアウトとは、iPhone等を使用したインターネット上のサービスを利用「しない」状態にする事です。

共有のパソコンを使用している方はお分かりですよね。

他人がアクセスできる状態で、iCloudのような、あなたの個人情報を閲覧できるサービスに、サインインしたままだとどうなるでしょう?

何かのはずみで、他の人に個人情報が漏えいしてしまう可能性がありますね。

iPhoneだとApp Store等、金銭が発生するサービスが含まれているものも多いので、環境によっては、サインインしっぱなしは危険な場合があるのです。

iPhoneでiCloudをサインアウトするとどうなるの?

よく聞かれるのが、iPhoneのiCloudをサインアウトすると、すべてのデータが消えてしまうのかと言う話。

大事にiCloudに保存している、iPhoneのデータや、写真がサインアウトする事で消えてしまってはたまりません。

それもそのはず。iPhoneのiCloudからサインアウトしようとすると、

「アカウントからサインアウトすると、iCloudに保存されているすべてのiCloud Driveの書類とデータがこのiPhoneから削除されます。」
iPhoneをサインアウトするとどうなる?(1)

……こんなメッセージが出るからなんですよね。

でも大丈夫。サインアウトするという事は、iPhoneからiCloudへアクセスする手段がなくなるという事であって、全データがいきなり消去されるわけではないのです。

もちろん、サインインするためのパスワード等をきちんと記憶していれば、再度iPhoneからiCloudにサインインすればいいだけなのです。

何かあるとすれば、サインアウトしている期間、iPhoneに保存されたデータや写真が、自動的にiCloudに保存されないという事だけです。

そのアカウントを「削除」しない限り、データはきちんとネット上、iCloudのサーバーに保管され続けます。

サインアウトの仕方

それでは、iPhoneのiCloudをサインアウトする方法を、ご紹介してみましょう。

iPhoneの「設定」→「アカウントとパスワード」→「iCloud」→「サインアウト」をタップ。

本当にサインアウトするか2回ほど確認されますので、そのまま確定すれば完了です。

これがサインアウトの仕方です。とっても簡単ですね。

また途中でiCloudの連絡先について確認されるのですが、

・iPhoneに残す
・iPhoneから削除
iPhoneをサインアウトするとどうなる?(2)

どちらかを選択する事となりますので、自分に合ったほうを選択して下さい。

この後パスワードを入力して、サインアウトは完了です。

再度サインインしたい場合は、同じようにたどって今度はサインインを選択するだけですが、サインインする際はiCloudのApple IDとパスワードの入力が必須となりますので、忘れないように注意して下さい。

やり方がとても簡単なので、拍子抜けしてしまいますね。次からもっと詳しく説明していきます。

タグ一覧