iPhoneのリカバリーモードとは?エラーの原因は?

iPhoneのリカバリーモードとは?エラーの原因は?

リカバリーモード?

iPhoneを触っていて、調子がおかしい? エラーが出た? ……と思い、iPhoneの電源を落とし再起動してみると……なぜか突然、iPhoneの画面にiTunesのマークが表示され、iPhoneにケーブルを接続するよう指示が……。

こんな経験、ありませんか?

実はこれが、iPhoneがリカバリーモードになった状態なんです。仕方ないので、指示通りにiTunesを起動したとしましょう。

・iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります

このようなメッセージが表示されるんです。

このメッセージが出たらちょっと待って! 絶対に「OK」を押してはいけません!!

うっかりここで「OK」を押し、手順に沿って進めてしまったら最後……大事に使っているiPhoneのデータはものの見事に、全て消えるんです!

iPhoneの復元と言うのは、iPhoneのデータ復元をするのではなく、iPhoneを購入した時の状態に、iPhoneを初期化してしまう事なんです。

ですので、先ほどのメッセージが出ても決してOKしてはいけませんよ! どうすれば良いのか今日も一緒に考えていきましょう。

iPhoneのリカバリーモードって何?

まず、ご使用のiPhoneがリカバリーモードになるのはなぜでしょう? iPhoneのリカバリーモードとは、iOS等を復旧させるためにあるモードなんです。

つまり、iPhoneがリカバリーモードになると言う事は、なんらかの理由で、iPhoneに、修復の出来ない原因不明のエラーが存在する状態にあると言う事です。

iOSの故障等のトラブルがあった時に、iPhoneが操作できなくなったとします。そんな時に、このリカバリーモードを使えば、iPhoneを初期化して使えるようにする為にあるんです。つまり、

iPhoneのリカバリーモードを実行するのは、iPhoneを初期化する事

と言う事なのが、お分かりいただけますでしょうか?ちなみに、自分自身でiPhoneをリカバリーモードにする方法もあります。

iPhoneを自主的にリカバリーモードにしてみよう

先ほどご紹介したとおり、iPhoneを意図的にリカバリーモードにしてみましょう。その上で、リカバリーモードの意味についてご説明いたします。

iPhoneとパソコンをケーブルで接続しましょう。その状態でiPhoneの電源ボタンと、ホームボタンを長い事押し続けてみましょう。するとiPhoneが強制終了をし、再起動し、そのままリカバリーモードへと入ります。

なぜ、自主的にiPhoneをリカバリーモードにするのでしょう? それはパスコードを忘れた時に、リカバリーモードを使用する事で復元する事が出来るんです。

パスコードを忘れた時にリカバリーモードを使って復元する!

それではどのようにすればパスコードを忘れた時に、リカバリーモードで復元できるかをご説明しましょう。

リカバリーモードへの入り方は先ほどご紹介したとおりです。

・iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります

このメッセージが出たら、「復元」を選択します、次に「復元とアップデート」を選択しましょう。すると、ソフトウェアの抽出や、場合によってはiOSのダウンロードが始まります。しばらくすると自動的に、iOSのインストールが始まります。

「iPhoneを探す」のモードをオンにしたまま初期化すると、アクティベート画面が表示されます。この画面が出ると、必ずApple IDとパスワードを入力してロックを解除する必要がありますので注意してください。

あとは指示に従って進めればOKです。

iPhoneが復元できない時にもリカバリーモードを使おう!

iPhoneを復元しようとした時に、「デバイスが見つかりません」と言うエラーが出て進まない事があります。

または、復元の準備中で止まるなんて事もあるようですね。その他だとアプリ等をインストールしようとして待機中のまま止まってしまう、終わらない等……。

こんな時も、リカバリーモードを使えば、問題解決が出来る事もあるそうですので、困ったら試してみてください!

iPhoneがリカバリーモードになる原因

iPhoneはどうして勝手にリカバリーモードになってしまうのでしょう? いくつかの原因を、ご紹介してみましょう。

1.iPhoneのOSのアップデート中に、Wi-Fi通信が切れてしまった
2.iPhoneのiOSのアップデート中に、電源が切れてしまった
3.iOSのアップデート中に、iPhoneを接続しているパソコンの電源が切れてしまった、もしくはスリープ状態になってしまった
4.iPhoneのバックアップの途中に、Wi-Fi通信、もしくは電源が切れてしまった
5.iPhoneのパーツ故障のため、iOSを起動する事が出来なくなってしまった

上記のような事が原因となり、iPhoneのリカバリーモードを引き越してしまうと言われています。アップデート失敗した時に起こる事が多いみたいですね。

iPhoneがリカバリーモードになる原因は、上記を見ての通り、iPhoneのiOSが起動する時や、書き換え操作を行っている最中に、なんらかの理由でその作業が中断されてしまい、正常にiPhoneがのiOSが起動できなくなった状況と言う事ですね。

iPhoneのリカバリーモードからの抜け方や対処法

リカバリーモードになってしまったiPhoneを回復させるには、そのリカバリーモードの機能を使用するしかありません。

その為には、iPhoneが一旦、初期化された状態になってしまうのですが、例え初期化状態になっても、過去にバックアップを取っていれば、バックアップをとった状態にiPhoneを戻す事は可能です。

またiPhoneをまだ使用して間もなく等で、データがさほど重要でない場合は、iTunesに接続し、iPhoneを初期化すれば、すぐにiPhoneをもとに戻す事は可能です。

しかし、大抵はそうはいきません。

出来る限り、iPhoneの中に入っているデータはそのままで直すのが理想的。そこで、考えられる、iPhoneのリカバリーモードを解除する方法を、いくつかご紹介してみましょう。

iPhoneを強制終了させ、再起動する

先ほどiPhoneがリカバリーモードになってしまう原因をご紹介しましたが、それ以外にも、原因不明で偶然iPhoneがリカバリーモードに入ってしまう事があるようです。

その状態だと、強制的にiPhoneをリカバリーモードにしたのと同じです。なので一度iPhoneを強制的に再起動すると言う操作を、何度か繰り返してみれば、リカバリーモードから抜けるかもしれません。

iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に長押しすれば、強制再起動を出来ます。

iTunesに、使用しているiPhoneのバックアップデータがあるか、確認する

iPhoneがリカバリーモードになってしまっても、先ほどご紹介した中にある通り、iTunesにバックアップを取ってあれば、データが残っているので問題ありません。

以前iTunesにiPhoneを接続したときに、自動的に同期されて、データが残っている可能性もあります。

まずは、iTunesが入っているパソコンに、使用しているiPhoneのデータが残っていないか確認してみましょう。

この時注意したいのが、パソコン内の隠しファイルに、データが保存されている事もあります。なので必ず、フォルダ設定を「すべてのフォルダを表示する」に変更してから確認しましょう。

iCloudに、使用しているiPhoneのバックアップがあるか、確認する

iTunes同様、iCloudにデータが残っていれば、iPhoneがリカバリーモードになっても大丈夫!

確認するためには、下記のicloudへアクセスしてみましょう。しかし上記のサイトからでは電話帳ぐらいしか確認する事が出来ませんが。

※注意点
データが残っていても、リカバリーモードになっているiPhoneにすぐ復元するのは止めておきましょう、iCloudのデータをiPhoneに復元するには一度iPhoneを初期化しなくてはいけません
しかし、万が一iCloudのバックアップデータの中に必要なデータが無かったら……? リカバリーモードになったiPhoneを初期化してしまうともう元に戻す事は出来ません

契約している携帯キャリアに、アドレス帳のバックアップがないか確認

携帯キャリア3社ともにiPhoneの電話帳をクラウド上に保存するサービスがあるようです。

これを使っていれば、リカバリーモードになっても、電話帳ぐらいはすぐに復元する事は可能ですね。

使用しているか、電話帳データが残っていないか、ぜひ確認してみて下さい。

業者にリカバリーモードの解除が出来ないか相談してみる

個人ではお手上げ! ここまで読んで、そう思われる方もいらっしゃる事でしょう。

専門の業者さんに相談する事でiPhoneをリカバリーモードから回避できるかもしれません。

バッテリー等の部品を交換する事で、起動する事もあるようなので、まずは相談だけでもしてみると良いかもしれませんね。

明確な解決方法が無いのが少し残念ではあるリカバリーモード。

なので困ったらまずはいつもの「困った時の再起動」そして、最終的にどれをやってもリカバリーモードから動かない場合は、自主的にリカバリーモードする項目でご紹介した、「復元」→「復元とアップデート」を試してみてください! これでリカバリーモードが解消されるかもしれません。

iPhoneのリカバリーモードとは? エラーの原因は? まとめ

リカバリーモードに入ってしまうと、ループしてしまい直らない何て事もあるようなので、サポートに相談してみるのも、直し方のひとつかも知れません。

リカバリーモードを使う事で、トラブルを解決する方法があるのもお分かりいただけましたでしょうか?

データが消えて初期化されてしまうのは少し困るかもしれませんが、いざと言う時の為にバックアップを取ってあれば、それもある程度は解消できるかも? 長い道のりですが頑張りましょう。

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iPhoneのリカバリーモードとは?エラーの原因は?」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介