HiClub株式会社が提供する、性格診断テストにより自身のタイプを”星“として表し、共感し合える星とつながる“癒されるやさしいSNS” 「GRAVITY」(グラビティ)(iOS、Android版)は2020年12月17日(木)リリース後、約5ヶ月間で累計ダウンロード数30万(※)を突破したことを発表した。

GRAVITYとは?

共感しあえる⼈と繋がり、リラックスして本来の自分の気持ちや考えをシェアできる“癒されるやさしいSNS”。初めてGRAVITYにログインした時、あなたのことを知る⼈は誰一⼈いません。まるで本当に知らない町や星への旅行者になった気分になるはず。しかしひと度何かを発信してみれば、ひとりぼっちではないことがわかるだろう。あなたの発信した情報は、あなた自身の持つ「内的な属性」に近い繋がりの中で共有され、さりげない反応を得ることも。自分の好きな風景を見に行った先や、趣味の店でたまたま会った名前も知らない⼈と取り留めのない話をする感じを、GRAVITY開発チームはアプリを通して再現したいと開発者は考えているという。

GRAVITYの特徴

① 「伝える」性格診断テスト
ユーザー登録時に性格診断テストを受け、その診断で外的性格と内的性格の分析。そのうえで交流する場(GRAVITYでは「星」と呼んでいます)が決まる。

② 「伝わる」タイムライン
普段打ち明けられない、知り合いには言えない、知られたく無い、と思うことでもGRAVITYのタイムラインなら大丈夫。普段抱え込んでいるその思いを語り、“自分を解き放つ“目的に特化したタイムライン。

③ 「繋がる」メッセージ
だれもリアルなあなたのことを知らないが、ひとりぼっちではないこの空間で出会った存在と、より深いコミュニケーションを取ることが可能。

既存のSNSとGRAVITYとの違い

通常のSNSはユーザーを効率的に増やす目的で、登録済みの連絡先情報を取り込む機能の採用やオススメアカウントとして知り合いをフォローすることを促進するがGRAVITYは他のSNS情報と連携する機能がない。

GRAVITYには、特定のアカウントの発信力を強めるようなフォロワー数の公表機能はない。

プロフィールアイコンは選べるが、編集機能が無く自分の外見を公表することはできない。

最初にお願いする性格診断テストの結果に従い、ユーザーが交流する場はアプリにより自動的に分類されることで、匿名でありながら穏やかな交流の場が保たれる。

【アプリ開発陣からの声】

SNSなどのプラットフォームのおかげで私たちは、会って話す機会がない⼈や、たった一度会っただけの⼈、会ったことも無いけれど長い付き合いのような気分でいられる関係を手に入れました。それと同時に、私たちは他⼈と自分を比較して落ち込んだり、ちょっとしたことをやけに自慢してしまい自己嫌悪したり、⼈の気を滅入らせるような攻撃的な態度も身に付けてしまいました。GRAVITYチームで深くその課題について考え、SNSを気晴らしの場所に保つためにできることを形にしました。 一⼈でも多くの⼈にこのアプリのことを知ってもらい、たくさんのフィードバックを受けられることを願っています。皆様の声をもとにアプリの完成度を高め、ユーザーの皆様の素晴らしい気晴らしとなる、癒しの空間を届け続けたいと考えています。

タグ一覧