LINEで通知オフにするとどうなる? 相手にはわからないの?

LINEの通知を何とかしたい!

こんにちは! Applisionです! LINEをやっていると、頻繁に通知が来てうるさいと感じる事はありませんか?

大人数のLINEグループに参加していると、届く通知の数も尋常ではないはずです。

LINEには通知オフという機能がありますが、この「通知オフ」の設定を行う事で、わずらわしい過度な通知とストップする事ができるのです。

ですが、どの範囲まで通知がオフになるのか、完璧に理解している人は意外に少ないようです。

そこで今回はLINEを通知オフにするとどうなるのか、やり方や詳しい詳細について一緒に考えていきましょう。

LINEの通知オフとは

LINEの通知オフとは、LINEにメッセージが届いた時の通知を届かないようにできる設定です。

ただし、LINEに関連して連動しているアプリからの通知オフはできないので、別の設定から行う事になります。

LINEの通知をオフにするとどうなるか? というと、本来なら着信音や振動でメッセージが届いた事を知らせてくれる機能がオフになります。

通知オフにしている相手やグループのトーク一覧の右側に、届いたメッセージの数字が表示されるだけになるという事です。

最近では企業の公式アカウント等も、最初の登録時に通知のオンオフをアナウンスしてくれています。

ブロックするわけではありませんので、通知が頻繁にくる場合は個別に設定するのもいいでしょう。

通知オフは相手に分かる?

ブロックや非表示にしてもそうですが、LINEのこの手の設定は原則相手には知られる事はありません。

個別ではなく、全体的なLINEの通知オフをしている場合も、あなたが誰の通知をオフに設定しているかを知る事はできません。

通知オフはあくまでも、メッセージ等が届いた際のお知らせをしないという意味しかありません。

なので、遠慮なく通知オフの設定をしてもらっても大丈夫。

ちなみに、相手の画面上では未読のままになっています。

通知オフの状態で既読にすると、それは相手の画面にも反映しますので、その際は対応する事をオススメします。

まだまだあります、次からもっと詳しく説明していきます。

タグ一覧