iphoneでlineの画像が保存できない時の対処法まとめ!

LINEで画像が保存できない・見れない・送れない時の原因

iPhoneやAndroid、パソコンなどでLINEを使っていて、友だちに送ってもらった画像が保存できない、見れない、画像が自分から送れない!などのエラーで困ったことはありませんか?

ここではLINEの画像にまつわる問題についての対処法を方法をご紹介します。

LINEのトークにある写真が保存出来ない!

<対処法1>
スマホの容量がオーバーしているのかもしれません。スマホの空き容量を確保するために、アプリや不要なデータ、キャッシュの削除を行ってください。

<対処法2>
そもそもiPhone自体の設定に問題があるもしれません。
ホーム画面から「設定」→「プライバシー」→「写真」→「LINE」がオンになっているか確認しましょう。なっていない場合は「オン」に切り替えてください。

<対処法3>
LINEのトークで送られてきた写真は、保存期間である2週間を過ぎてしまうと「ビックリマーク」が表示されて保存ができないようになっています。写真が送られてきた時に、一度写真をタップして拡大表示させておくと2週間後も保存できるようになります。

また、共有したい写真や画像は「アルバム機能」を活用するのがオススメです。

LINEの「アルバム」は、アルバム自体を削除しない限り無期限で画像を保存してくれます。複数枚まとめて追加することも可能なのでとても便利。共有した友だち誰もがいつでも見ることができるのでみんなにも喜ばれますよ!

次からは、LINEで画像自体見ることが出来ない、送ることが出来ない時の対処法について詳しく説明していきます。

タグ一覧