iPhoneのSafariが落ちる原因と対処方法

Safariの不具合困ります!

こんにちは! Applisionです! iPhoneでSafariでネットをしていると、なぜかいきなり落ちるというトラブルが起きているようです。

もしかしたらあなたのiPhoneもSafariが落ちるトラブルを経験していませんか?

実はこのSafariが突然落ちる問題は、SNSなどで多く報告されていて、その原因と対処法を知りたい方がたくさんいるんです。

そこで今回は、iPhoneのSafariが突然落ちる原因と、その対処方法について、今日も一緒に考えていきましょう。

iPhoneのSafariって、動作が不安定だし重い

iPhoneに初期から搭載されているブラウザアプリと言えば「Safari」ですよね。

なのでiPhoneでSafariを使っているユーザーは、とても多いでしょう。

しかし、ふたを開けてみると、Safariというのはちょっとトラブルが多いのが悩みの種。動作が不安定になりやすいし、あと重い!

そんな中で、急に降ってわいたいきなり落ちるという問題……なんとかしたいですよね。

iPhoneのSafariが突然落ちる原因

一番多く寄せられているのは、iPhoneのSafariで検索しようとして、検索バーをタップすると落ちるという症状。

落ちることが無かったとしても、固まる事も多いみたいですね。あなたのiPhoneはどうですか?

このトラブルについてAppleからは特に発表はないらしく、原因もはっきりしていません。

iPhoneのSafariが落ちるときの対処法

iPhoneのSafariが落ちるトラブルの対処法は、「Safari検索候補」をオフにすることです。

この機能をオフにすれば、Safariで検索窓に入力しようとタップしたときに、iPhoneが落ちるトラブルをに対処することができるでしょう。

「Safari検索候補」をオフにすると、iTunes StoreやApp Store、位置情報などからの検索履歴や閲覧履歴が消去され、サジェスト機能が使用できなくなります。

そのかわり、iPhoneでSafariの検索窓に入力しようとタップしても、落ちるトラブルに対処できるんです!

それでは対処法をご紹介しましょう。

iPhoneの「設定」から「Safari」アプリを開きます。するとSafariの設定項目画面が開きますので、その中から「Safari検索候補」の項目をオフにしましょう。

これでiPhoneのSafariが突然落ちる問題に対処できることでしょう!ちなみに、このトラブル。検索窓をタップする以外でも発生することがあるようなんです。

それが「iPhoneを再起動した直後」なんです。そんな時もこの方法で対処すれば解決できるはずです。まだまだあります、次からもっと深く考えていきましょう。

タグ一覧