iPhoneが充電されない原因と対処法

やってきました充電トラブル

こんにちは! Applisionです! 愛用のiPhoneの充電の残りがやばい……。さっそくいつものようにiPhoneを充電器に接続してみたけれど、なぜか充電されない!

このままではiPhoneが電池切れを起こしてしまいそう。これはまずい、大変まずい状況です。

急にiPhoneが充電されないなんてなったら軽くパニックになりますよね。

なぜ急にiPhoneが充電されない状況に陥ったのか、その原因と対処法について、迫ってみたいと思います!

iPhoneが充電されない原因と対処方法

iPhoneが充電されない状況を打破するためにも、なぜ充電されない状態になってしまったかの理由と、その対処法を簡潔にまとめてみましょう。

iPhoneのバッテリーがほぼない状態ではありませんか?

あまりにもiPhoneの残りバッテリーが少ないと、充電されないように見えてしまいます。

この場合は、そのままの状態で充電器を挿したまま、15分ぐらい放置すれば充電している事が一目でわかるようになるでしょう。

iPhoneがフリーズしていませんか?

実は、iPhoneはフリーズしている状態にあると、充電されない状態に見えてしまいます。

実際は、バッテリーがほぼない状態と同じく、内部での充電を行っているんですが、分かりにくくて困りもの。

iPhoneの画面を確認してフリーズしていれば、再起動等を行いましょう。

PC等のUSBから充電していませんか?

PCにUSBを接続してiPhoneの充電をしていると、家庭用コンセントと比べ電圧がかなり低く、きちんと充電されない事が多々あります。

可能であれば、PC接続をやめて、家庭用コンセントにつなぎなおすほうがいいでしょう。

iPhoneの接続部の汚れはありませんか?

iPhone本体と充電器を接続する、ライトニングコネクタの内側が、埃や汚れ等で詰まっていたり汚れていると、iPhoneとの接触が悪くなり、充電されない場合があります。

コネクタの部分というのは常にさらされているので、汚れが入り込みがちです。

キッチンで使用される事がある方のiPhoneには、埃に付着した油汚れがさらなる故障を呼び起こしたりもしますので、こまめに掃除をしておく事をお勧めします。

あまり強くこすりすぎると、別の故障を引き起こし、その部分の交換や修理になる場合もありますので、くれぐれも掃除は無理せず、優しく丁寧荷を心がけましょう。

その充電ケーブル断線していませんか?

読んで字のごとく、iPhoneとコンセントを繋ぐ充電ケーブルが断線していると充電されないですよね。目に見えるところが断線するわけではないので、なかなか気づかない事も多いでしょう。

上から触ってみて、違和感を感じたら断線している可能性が高いです。この場合は、新しいケーブルに交換するのが対処法となります。まだまだあります、次からもっと深く考えていきましょう。

タグ一覧