トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > 中古iPhone購入時に気をつけたいポイントと使い方
中古iPhone購入時に気をつけたいポイントと使い方
更新
まとめ・説明書

中古iPhone購入時に気をつけたいポイントと使い方

中古iPhone購入時に気をつけたいポイントと使い方

激安中古iPhoneの落とし穴を見極めよう!

こんにちわ! Applisionです! 新しいiPhoneが発売されるとほぼ同時に、市場にはたくさんの「型落ち」となる中古iPhoneが出回り、格安で販売され始めます。

基本的には、スマートフォンにしてもiPhoneにしても、新品を買うのが一般的な気がします。ですが、少しでも安く買えたらそれに越した事はありません。

そこで今回は、中古のiPhoneを買う際に、何に注意すべきか、またどのような使い方をすればいいか、紹介しましょう!

とにかく確認が重要!

中古のiPhoneをせっかく激安で買えたのに、そのiPhoneが全く使えないなんて事があるんです。中古のiPhoneを買うなら絶対に確認しておきたいのが「iPhoneを守る」機能です。

・正式名称「アクティベーションロック」またの名を「iPhoneを守る」

この機能のロックが解除されていないと、せっかく手に入れた中古のiPhoneは、使う事が出来ない可能性が大変高くなります。

「アクティベーションロック」とは、万が一iPhoneが紛失や盗難にあった場合でも、誰かほかの人が勝手にiPhoneの端末を使えないようにする機能です。

なぜこんな機能があるかというと、盗難にあったiPhoneが無断で販売される事を防ぐ目的があります。そのようなiPhoneは犯罪に使われる事が多く、持ち主にトラブルの火の粉が降りかかる可能性も高くなります。

・この「アクティベーションロック」を有効にすると、iPhoneの端末データを初期化するのに、Apple IDとパスワードが必要になります

そんな大切な機能である「アクティベーションロック」中古でiPhoneを購入する時にロックを解除しないまま、販売されてしまうトラブルがものすごく多いんです!

販売店によっては、どんなルートを使って中古のiPhoneを仕入れているのかもわかりません。価格が安いからと、中古のiPhoneに飛びついたはいいが、全く使えない……なんて結果になってしまうんです。

なぜそんな事になるのでしょうか?

・それは、この「アクティベーションロック」を解除できるのは、元の持ち主にしかできないからなんです

先ほど説明した通り、ロックの解除にはApple IDとパスワードが必要となります。購入した中古のiPhoneがロックされていたら、すぐさま販売店に確認して元の持ち主に解除をしてもらえるようお願いしましょう。

・怖いのが、ヤフオク等のオークションで購入した場合です

相手が素人なのか、手練れの詐欺師なのか、取引をしてみるまで分かりません。なので、基本的にはオークション等の、信頼性の低い中古の取引は、あまりおすすめいたしません。

それでもオークションで……と言う場合は、商品詳細・説明の欄に「IMEI/MEI;123456789」のような記載があるかを確認しましょう。これがないものには絶対に手を出してはいけません。

こちらへ その番号を入力すると、現在のロック状態を確認する事が出来ます。次は、さらに怖い赤ロムについて、紹介します。

赤ロムに注意!

iPhoneの用語でよく「白ロム」と言う言葉を聞いた事はありませんか? 白ロムと言うのは、簡単に説明すると、SIMカードが入っていない状態のiPhoneの事です。

中古でiPhoneを購入した場合に注意したいのは「赤ロム」になります。

赤ロムとは簡単に言えば「中古」のiPhoneを指しますが、普通の中古のiPhoneと何が違うかというと、

・iPhoneの端末を分割払いで購入したにもかかわらず、まだ支払いが残っている状態のものなんです

このような赤ロムのiPhoneは、画面上部に表示されている、アンテナのマークが赤くなっているのが特徴です。

ですが、赤ロムかどうかを見分ける手段は、今のところありません。オークションで多く販売されて、トラブルが報告されています。

オークション出品時には、元のオーナーがきちんと支払いをしていたにもかかわらず、当然落札し取引が終了されると支払いが停止されてしまうんです。

・きちんと金額を支払って購入したあなたには、何の落ち度もないのにiPhoneの利用を停止されてしまうんです

利用停止をされるという事は、ネットや通話等の、主となるすべての機能が停止してしまうという事です。

このような事が多発していますので、中古で購入の際には、最低でもオークションを利用しないというのが正解だと思います。それでも……と言う場合は、先ほどご紹介したIMEI番号の確認を行ってから、購入を考えてください。

iPhone本体の保証は残っているのか?

iPhoneのバージョンで分かりやすいとは思いますが、発売から2年を超えているものは保証が切れていると考えてください。最新モデルの中古を購入する場合等は、出来れば保証のあるものを選びましょう。

・Appleのメーカー保証(購入日から1年以内有効) ・AppleCare(購入日から2年間保証)

出来ればどちらかに加入している中古iPhoneを探しましょう!

IMEI番号が分かれば、ここでも保証の状況を確認する事が出来ます。

サイト内ではシリアル番号をと書いていますが、どうやらIMEI番号でも可能なようです。信頼できるかどうかを確認する為に、販売者の方にシリアル番号を教えてもらうのもいいかもしれませんね。

中古iPhone購入時に気をつけたいポイントまとめ

実は「安かろう、悪かろう」ではない、中古のiPhone。事情により、すぐ手放す方がいるのは事実です。

ただ、安いからといって何も確認せず飛びつくのだけは、絶対にやめておきましょう。ここで紹介したのは、最低限確認してほしい事柄ばかりです。

あとはあなた自身の目で確認して調べて、納得がいく相手との取引を行いましょう!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る