トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneでミュージックをリピート再生する方法
iPhoneでミュージックをリピート再生する方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneでミュージックをリピート再生する方法

iPhoneでミュージックをリピート再生する方法

今日はこの曲をリピートで!

こんにちは! Applisionです! iPhoneで音楽を聴くのに欠かせないアプリ「ミュージック」iOS8.4以降、iPhoneの「ミュージック」アプリのインターフェイスが大きく変更になりましたね!

そこで今日はiPhoneで快適に音楽を聴きたいあなたが、今一番困っているであろう(大げさ)……iPhoneでミュージックをリピート再生する方法について!

徹底的に迫ってみたいと思います!

iPhoneのミュージックアプリのリピート機能を使おう!

iOS8.3までのiPhoneでミュージックアプリでは、ミュージックプレイヤーのリピートボタンをタップさえすれば、表示されたメニューの中に、

・リピートしない
・1曲リピート
・アーティストリピート

のように簡単にリピートするやり方が通用しました。

しかし、冒頭でもお話ししたとおり、iOS8.4以降のiPhoneではミュージックアプリのインターフェイスが大きく様変わりしてしまい、皆さんの戸惑いの声があちこちから聞こえてきたんです。

では早速、iOS8.4以降のiPhoneのミュージックアプリでの、リピートの仕方をご紹介してみましょう!

アルバムやプレイリスト全体のリピート方法

まずはiPhoneのミュージックアプリの、「For You」や「My Music」から、アルバムかプレイリストを開いて再生してみてください。

すると画面の下のミニプレイヤーの部分に、再生している曲の名前等が表示されますので、そこをタップします。

すると、あら不思議!(いたって普通です)隠れていたプレイヤーがにょきっと現れて、画面に一面に広がりましたね?

こうしてミュージックのプレイヤーがフルサイズになった事で、隠されていた「リピート」と「シャッフル」のボタンが登場しました。

この「リピート」ボタンをタップすれば、念願のミュージックアプリでの、「アルバム」or 「プレイリスト」の全てをリピート設定する事が可能となりました!

では次は「この曲なんだ」という1曲をリピートする方法を紹介します。

1曲だけをリピートする方法

先ほどiPhoneのミュージックアプリに表示された、フルサイズのプレイヤー画面で、リピートボタンをタップしましたね。

それではもう一回、そのリピートボタンをタップしてみましょう。

するとリピートボタンに「1」と言う数字が表示されるはずです。これで、その数字が表れている時に流れている曲が、1曲リピートされる事となりました。

ミュージックアプリのプレイヤー画面で、横棒が3本並んだ「三」のようなマークをタップすると、リピートしたい曲がずらりと並んでるのを確認できます。

間違っちゃったのでリピート解除したい

iPhoneのミュージックアプリをいろいろ触っていたら、間違ってリピート設定しちゃった! とか、同じ曲ばっかりも飽きたし、今度は違う曲をリピートしようかなーとか、よくありますよね。

ミュージックアプリでの、リピートを解除するのは超絶簡単!

もう一度、iPhoneの画面に出ている、リピートボタンをタップすればOKです!

曲の場合は数字が出てしまう事があると思いますが、この場合はさらにiPhoneの画面をタップして、ミュージックアプリのリピートボタンのマークが薄くなるまで行いましょう。

さてそれでは最後に、リピート解除ができないトラブルについても見ておきましょう。

リピートボタンをタップし続けたのに、リピート解除できない!

先述の通り、iPhoneの画面に表示されている、リピートボタンを再度タップしたのに、いつまでも薄くならないし、延々と設定ちゃった曲が流れ続けてるよー! とお怒りのあなた!

ごめんなさい、それ、恐らくiPhoneの不具合ではないかと思われます。

なので、一旦「ミュージック」アプリを終了させて、もう一度「ミュージック」アプリを開いてみて確認してみてください。

それでも駄目なら、iPhoneその物を再起動してみて、「ミュージック」アプリをもう一度開いて確認してみてください! 恐らくこれで、大抵の場合は解決している事でしょう。

iPhoneでミュージックをリピート再生する方法

iOS8.4以降のiPhoneでのミュージックアプリで、リピート再生をする使い方をご紹介してみました。作業中とか、お気に入りのあの1曲をエンドレスで流す事で、集中力がUPする事、ありますよね!

iPhoneを通じて、音楽を楽しむ方法がまた1つ広がりましたね♪ Let’s Try!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る