トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの「コンパス」が上手く動かない時に試したい改善方法
iPhoneの「コンパス」が上手く動かない時に試したい改善方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneの「コンパス」が上手く動かない時に試したい改善方法

iPhoneの「コンパス」が上手く動かない時に試したい改善方法

コンパス狂ってるよー!!!

こんにちは! Applisionです! iPhoneには地図とは別に、方角を表示してくれる、「コンパス」と言うアプリが標準搭載されています。

このiPhoneに標準搭載されている「コンパス」と言うアプリ、ただの方位磁石代わりになるだけの、アプリではないんです。

使い方によっては、iPhoneを使って地面の傾き等を、確認する事が出来る水準器としての機能もあるんです。しかも海外でもちゃんと機能するので、大変重宝されています。

しかし、何かのはずみで、急にこのiPhoneのコンパスが正確に機能しない……なんて事が起こるようです。

iPhoneのコンパスの精度が悪くなってしまうと、コンパスとしての役割を、果たせなくなってしまいます。

そこで今日は、iPhoneに標準搭載されている、便利な機能を持つ「コンパス」と言うアプリが、上手く動かない時に、試して欲しい、改善方法をご紹介してみましょう。iPhoneのコンパスが上手く動かないからって、iPhoneが壊れたと思うのはちょっと待って!

iPhoneの「コンパス」アプリはどのような原理で方角が分かるの?

iPhoneには、地磁気のような、微弱な磁気を検知する、「磁気センサー」と言うものが内蔵されています。これらの磁気センサーを使用する事で、方角等を測定する機能を「電子コンパス」と呼びます。

電子コンパスは、あなたが使っているiPhoneの周囲にある磁気に対し、敏感に反応を示します。永久磁石や鉄製品に反応したり、鉄骨を使用した建築物や、他の携帯電話・iPhone等の電子機器にも反応します。

コンパスが、北の方角を知るには、地磁気が水平方向のどちらを向いているかを調べようとします。2つの磁気センサーを、コンパスが直角に組み合わせ、さらに前後方向・左右方向と地磁気を検出します。

その地磁気の強さから、どの方角が北なのかを計算するのです。

iPhoneのコンパスがずれる・狂う原因は?

大抵の場合は、iPhoneのバグや、今いる場所の磁気の影響等、なんらかの原因で「一時的に」、電子コンパスのセンサーに異常が起こったため、コンパスの調整が上手く行かなくなるようです。

原因不明な場合が多いので、まずはコンパスのアプリの再起動、iPhone本体の再起動を行う事で、ズレや不具合を修正できる可能性もあります。

電磁波の影響で、電子コンパスの干渉が起こり、コンパスが狂い、真逆の方向を指したりして、使えない……なんて事もあります。画面に「iPhoneを8の字型に動かして再調整してください」なんてメッセージが表示されて、消えない何て事ありませんか?

そんな変な場所にいるつもりないのになぜ?と思いますよね。でも以下のような場所にいる時は要注意なんですよ?

・ビルの中
・家電製品のそば
・金属製家具のそば
・電車のプラットホームや電車の中
・磁石を使ったバッグやアクセサリーのそば

町中にいれば普通にいる場所ばかりですよね。実は、車の中でiPhoneで音楽を聴こうとして使用するFMトランスミッターもコンパスに干渉する事もあります……。

なのでそんな時は、少しで良いので違う場所へ移動してみるか、画面の指示にある通りiPhoneを8の字に動かして再調整しましょう。

iPhoneを8の字にって……町中、特に人が多い所では、なかなか勇気がいりますよね。でもそんなに大げさにしなくていいんです。

iPhoneの画面を上に向けた状態で、コンパスが地面と水平になるようにし、手首をひねるように8の字を描くだけで再調整されます。iPhoneを前後・左右・上下、この3方向に向けると言う事だけを意識しましょう。

縦に数回振ってたら、メッセージが消えたなんてのも聞きますので、さりげなーくちょちょっとやれば大丈夫なんでしょうね(笑)

コンパスが上手く動かない時は、大抵この方法で改善されるようです。しかしこの方法を行ってもコンパスが正しく動かない場合は、iPhoneの故障も考えられます。

他に考えられるiPhoneのコンパスの不具合の原因と言えば、iOSを最新にした時に勝手に停止してしまう事もあるそうです。

これも多くの改善方法は「iPhoneを再起動する」と言うもの。本当、困ったらiPhoneを再起動しちゃいましょう。

次からは、iPhoneの「コンパス」を使う上での注意点と対処法についてご説明していきます。

便利な機能であるがゆえに……

基本的にiPhoneでコンパスを使用する際は、位置情報(GPS)を使用する事となっています。しかし、それって本当に必要なんでしょうか?

iPhoneのコンパスに緯度や経度、住所の情報が必須なんでしょうか……?実は必ずしも「必要」ではないようなんです。これらが無い方がiPhoneのコンパスの画面もスッキリします。

思い切ってGPSを切ってしまうのも、安定してiPhoneのコンパスを使える状態になるのかもしれません。

iPhoneの「設定」→「プライバシー」を開いたら「位置情報サービス」をタップしましょう。次に表示された項目の中から「コンパス」を選択します。位置情報の利用を「許可しない」にすればOKです。

次にiPhoneのコンパスを起動すると、「緯度/経度」や「市町村名」が表示されなくなって画面がすっきりしますよ!

コンパスを再設定しなおそう

iPhoneのコンパスの設定を再度行う事で、おかしいと感じたコンパスを、正しく動かす事が出来るかもしれません。

iPhoneのホーム画面にある「便利ツール」を開くと、「コンパス」のアプリがあります。一番初めに起動すると、位置情報を使用を求めるかどうかを確認する画面が表示されます。

先ほどは無くてもいいのでは?と書きましたが、問題が無いのであれば、許可するで良いかと思います。任意ではなく、勝手にオフになっている場合は、下記の方法でオンにする事が可能です。

iPhoneの設定から「プライバシー」→「位置情報サービス」を開きます。「位置情報サービス」をオンにして、コンパスの欄に「許可しない」と表示されているはずなので、「このAppの使用中のみ許可」を選択すればOKです。

次に干渉補正を行いましょう。

再度iPhoneのホーム画面「便利ツール」の中からコンパスを起動しましょう。すると「干渉補正」の調整画面が表示されます。ゆっくりとiPhoneを傾けていき、赤いボールを円に沿って転がしましょう。

早ければ、数秒程度で補正が完了する事でしょう。

真北を使用するよう設定しよう

iPhoneのコンパスでは「北を指す」と言った表現が用いられます。しかし、実はその「北」には「真北」や「磁北」のようないくつかの種類が存在するんです。

・「真北」……北極点を示す方向
・「磁北」……方位磁石が示す北の方向

大抵の場所で「真北」と「磁北」にはずれが生じ誤差が発生します。なのでiPhoneのコンパスを使用する場合は、「真北」を使用するようにしましょう。

iPhoneの「設定」→「コンパス」を開き、「真北を使用」を選択すればOKです。

iPhoneの「コンパス」が上手く動かない時に試したい改善方法

iPhoneのコンパスを使っている時、何らかの原因で動かなかったり、逆の方向を指したままになったりと言う、正しくない動きをする場合に、試して欲しい改善方法をご紹介してみました。

コンパス単体だけでなく、地図やゲームアプリ等と紐づけされる事が多いんです。

なので正しくないコンパスの動きがおかしいなーと思ったら、早めにアプリを起動して、チェックしてみてくださいね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る