iPhoneの連絡先をバックアップする簡単な方法

連絡先バックアップは最後のライフライン

こんにちは! Applisionです。iPhoneを使っていると、必ず覚えておきたいのが連絡先等のバックアップのやり方。

特に、お仕事で使われている方なんかは、ある日いきなりiPhoneが故障して、復元出来ない状態になってしまい、連絡先が消えるなんて事が起こったら、かなり困りますよね、

またiPhoneを機種変更する時にも、大切な連絡先等のデータは、必ずバックアップしておきたいもの。

iPhoneに慣れていないと、「iPhoneのバックアップ」と言う言葉を聞くだけで、なんだか頭が痛くなりそう……でも連絡先が、消えたら困る!……大丈夫!

iPhoneのバックアップの方法は、かなり簡単なんです。今日は、iPhoneの中のデータでも重要な部類に入る、「連絡先」のバックアップの方法について、紹介してみたいと思います!

iPhoneの連絡先をバックアップするには

iPhoneの連絡先をバックアップする方法は3通りあります。

・1. iTunesで、iPhoneの電話帳の連絡先をバックアップする
・2. iCloudで、iPhoneの電話帳の連絡先をバックアップする
・3. アプリを使って、電話帳の連絡先をバックアップする

この3通りとなります。

もちろん、この3つの方法については、連絡先のバックアップだけには限りません。iPhoneのデータであればなんでも、この方法のどれかでバックアップを取る事となります。

iPhoneの連絡先をバックアップする方法の「3つ」の違い

読んで字のごとく、3通り目の「アプリで」と言うのは、無料だったり有料だったりのアプリを使う事でiPhoneに入ってる連絡先のデータをバックアップします。

では残りの二つの違いはどんなものなのでしょう? この二つのバックアップ方法では、保存できるデータの違いがあります。

iCloudでバックアップする場合は、下記のデータを保存する事が出来ます。

・カメラロールの中にある写真や動画
・デバイスの設定
・アプリのデータ
・ホーム画面のアプリの配置
・iMessage・SMS・MMS のメッセージ
・着信音
・ビジュアル・ボイスメール

かたやiTunesでのバックアップはどうでしょう?

・連絡先や、よく使う連絡先
・アプリのデータ
・アプリの設定や、環境設定、書類等のデータ
・ウェブページに自動入力する内容
・カレンダーのアカウントや、登録している予定
・電話アプリでの、通話履歴
・カメラロールの写真や、ビデオ
・Game Centerのアカウント
・ホーム画面のアプリの配置
・アプリ内で購入した音楽や動画やゲームやアプリ等
・メールアカウントやWi-Fi、ウェブサイトやアプリのパスワード
・位置情報の使用を許可したアプリやウェブサイト
・インストールされている、プロファイル
・マップアプリの、ブックマークや、検索履歴
・Microsoft Exchangeのアカウント設定
・ネットワーク設定
・Nike+iPodのワークアウトと設定
・オフラインのウェブアプリの、キャッシュやデータベース
・登録されているBluetoothのデバイス
・SafariのブックマークやCookie、履歴やオフラインデータ、現在開いているページ等
・保存されている文字変換の候補
・iMessage・SMS・MMS等のメッセージ
・ボイスメモ
・壁紙
・ウェブクリップ

……出来る事の違いは、確認するまでもなくiTunesでのバックアップの方が多いですね。

iTunesでのバックアップは、暗号化しておこなわれますので、iCloudよりも沢山の種類のデータを、保存する事が可能なんです。

そして、今回はiPhoneに入っている、「連絡先」をバックアップするのが目的となりますので、バックアップの方法は、iTunesのみと言う事になります。

タグ一覧