アプリ不要!iPhoneで「懐中電灯」を使う方法まとめ

一筋の光で照らされたい(イミフ

こんにちは! Applisionです!

屋外のみならず、家のなかでもちょっとした明かりが欲しい時ってありますよね。そんな時iPhoneを懐中電灯代わりに使用されてる方、多いですよね!

iPhoneで使える懐中電灯アプリを調べてみると沢山出てきますが、実はアプリを使わなくてもiPhoneを懐中電灯として使える便利な機能があるんです。

不要なアプリを増やす事をせずとも、簡単にiPhoneを懐中電灯として機能させる方法をご紹介いたします!

iPhoneの懐中電灯機能の基本を覚えて使いこなそう!

iPhoneを懐中電灯として使うのはとても簡単なんです。

まずはホームボタンを押し、画面の一番下の部分をタップしたままの状態で一番上までぐぐっと持ち上げます。

・すると登場するのが「コントロールセンター」その中に「懐中電灯」のアイコンがあるのがお分かりでしょうか? その「懐中電灯」のアイコンをタップするだけでOKです!

タップするとiPhoneの外カメラについているフラッシュの部分に明かりが点灯します。ちなみに懐中電灯の消し方も簡単で、先ほどの懐中電灯のアイコンを再度タップする事で消す事が出来ます。

この状態になると、画面を閉じてもライトは点灯したままになりますので、長い時間使いたい時にも有効です。

iPhoneがロックされた状態になっていても、懐中電灯の明かりは点灯し続けてくれるので有事の際にも役立ちそう。バッテリーの消費に注意しながら使いましょう。

ちなみにこの懐中電灯はロック画面になると消灯するのでバッテリーの節約をしながら使えます。

しかし、逆に注意したいのが、先ほど紹介したとおり「ロックされた状態」ではずっとライトが付いたままで消えないんです。うっかり懐中電灯の明かりをつけっぱなしにしてしまって完全放電……なんて事にならないようお気を付けください。

タグ一覧