地震、災害対策!最低限しておきたいiPhoneの設定

バイオハザードをiPhoneで生き残る

大規模な地震や、未曽有の災害、それらが起こった時、あなたのiPhoneはきちんとあなたを守る為に動いてくれるでしょうか?

災害時に命運を分ける災害速報や地震速報がiPhoneできちんと受信できるよう、最低限の設定を忘れずにしておくことが必要です。

いざと言う時に困らないために、今日はiPhoneでの最低限の設定をご紹介いたしますので、ぜひ見直してみてください!

iPhoneは、あなたを守る最高の情報ツール

ただの連絡手段に使うだけでは勿体ないiPhone。iPhoneの設定をキチンとしておくことでいざと言う時あなたを守る情報収集ツールとなるのです。

気象庁から配信する緊急地震速報、国や自治体が配信する避難情報や災害情報の受信ができるように設定をしておきましょう。

最近のiPhoneはどの携帯会社である等に関わらず、対象エリアにいるユーザーに携帯会社を通じて一斉に緊急速報が出されるようになっているそうです。こんな重要な情報を入手できないと困るのは考えなくてもわかりますよね。

それではその設定方法をご紹介してまいりましょう。

iPhoneで緊急地震速報や災害情報を受信する方法とは?

みんなが地震警報や災害通知を受信してアラートが鳴り響く中、自分のiPhoneだけ全く音が鳴らないと言う経験はありませんか?

本来であれば緊急地震速報を受信した場合はマナーモード中でもアラームとバイブレーションが発動して画面表示で通知されます。

原則的にこの手の設定は購入時に必ずONになっているはずなのですが、うっかり設定を解除してしまったり、知らないうちに解除されていたりする事もあるそう。更にはiPhoneの設定やiOSのバージョン、機種によっても大事な情報が届かない可能性があると言うのです。

まずはあなたのiPhoneの設定を確認してみましょう。

・「設定」→「通知」→「緊急地震速報/災害・避難情報」→「緊急速報」がオンになっていればOKです

緊急速報サービスは原則どの携帯会社でも月額使用料、通信料、情報料すべて無料で提供されいていますので、いざと言う時に自分だけ情報を入手できないなんて事が起こらないようにきちんと設定できているか確認をしてみてください。

注意点としては地震速報・津波警報・その他の災害・避難情報等、これらを全て利用する事が出来るのはiOSのバージョンが「iOS6」以上で「iPhone4s」以降でないとダメだと言う事です。その他の注意点も挙げておきましょう。

・iOS6であってもiPhone4では地震速報・津波警報の二つしか受信する事が出来ない
・iPhone3GS以前のモデルだと全くの非対応
・iOS5のiPhoneに至っては地震速報のみしか対応していない

iOSのアップデートと最新の機種である事も重要なファクターとなりそうです。

タグ一覧