トップページ > ゲーム > アドベンチャー・脱出ゲーム > 脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム
脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム
更新
アドベンチャー・脱出ゲーム

脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム

こんにちは!Applisionです!

今回は、「ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム」の紹介です。
ドッキリって何?怖いの?と思われるかもしれませんが、はっきり言って真逆の癒し系と言ってもいいかもしれません。
力の入ってない、脱力系のゲームアプリです。

ドッキリ神回避2は癒し系かもしれない説

これって脱出ゲームなの?

脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム

脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム

このアプリは、2017年2月にリリースされた「ドッキリ神回避」の続編となるゲームです。

ゲームの大きなルールは変わっておらず、基本的には、主人公の少年が直面する日常の「困った」を、回避してあげるゲームです。

例えば、1ステージ目では少年がお団子を食べていてお茶を飲みたくなるんですが、そのお茶がめちゃくちゃ熱くて火傷しちゃうので、事前に冷蔵庫から氷をお茶に入れてあげる、といった具合で少年を助けてあげます。

基本的な少年の助け方は、

①:画面上で気になるところをタップする
②:アイテムをゲットできたり、タップした部分が動いたりする
③:アイテムなどを駆使し、少年が行動するちょっと先の未来を手助けし、困難を取り除く

という手順です。

このように見てみると、やっていることは脱出ゲーム風なのですが、正直、絵の雰囲気も相まって、脱出ゲームのような緊迫感はなく、脱力ゲームといった方が正しいかもしれません。


簡単そうで奥が深い…そのステージ数がなんと…!?

簡単そうで、奥が深い

脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム

脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム

合計で31ステージあるのですが、最初の方は比較的わかりやすく、一度少年が失敗したら、次はここをタップすればいいな、というのがわかってくるんですが、ステージが進んでいくにつれ、だいぶナナメの方からの思考を要求されてくるようになり、ヒントも少なくなってきます。

例えばケンタウロスが出てくるステージでは、なぜか少年がさらわれてしまう危機に直面します。

そこでケンタウロスを追い払う必要があるんですが、そもそもどういう理屈でその発想にたどり着くんだ、というツッコミが出てきそうな、そんな理不尽さもあったりします。

最終的にどうすればケンタウロスが追い払えるか、という答えについてはダウンロードしてから皆様が探してみて下さい。

上記のように、理屈がよくわからない問題も多数あったりするんですが、やはり絵柄の雰囲気からか、あまりイライラせず、まったりと謎を探せてしまうところはハマりポイントかなと思います。

とにかくわからなければ画面をタップしていればいつかは解決するので、あまり頭を使うこともなく、暇なときにちょっと進めてみる、くらいの感覚で長く遊べるゲームではないでしょうか。

最後の方のステージの難易度はかなり高めなので、クリアのためにはヒントが必須レベルになってくるほどですが、ぜひ皆様には出来るところまでノーヒントでがんばってみて頂ければと思います。

このシリーズの前作品「ドッキリ神回避」もおすすめ

脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム

脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム

続編にはなっていますが、1をプレイしていないとわからないということもなく、アニメやドラマなんかで言うと一話完結系で、ストーリーもほとんど無いに等しい(褒めてます)ので、むしろ2をプレイしてみて面白ければ、クリア後に1をダウンロードして遊んでみるという順番でもいいでしょう。

シリーズ通して、ちょっとバカゲー風で、ちょっと笑える、脱力アプリです。
子どもも楽しめますし、大人がプレイしても少年時代をちょっと思い出すようなステージもあったり。

無料でダウンロードできますので、ぜひ一度遊んでみて下さい。

このアプリが気になった人はこちら!
脱力系脱出ゲーム!ドッキリ神回避2 -脱出ゲーム
『ドッキリ神回避2』をストアでダウンロードする
App Store:無料 Google Play:無料

販売元:GLOBAL GEAR, K.K.
販売価格:無料
※価格表記は記事掲載当時の情報です。価格が変更されている可能性がありますので、正式な価格はapp storeからご確認ください。

脳をフル回転!謎解きゲームアプリ「脱出ゲーム- おとぎの国から脱出」

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る