トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > Instagramの動画を保存する方法
Instagramの動画を保存する方法
更新
まとめ・説明書

Instagramの動画を保存する方法

Instagramの動画を保存する方法

インスタの動画を保存したい!

こんにちは! Applisionです! 一時期はSNSと言えば、「Twitter」や「LINE」が二大勢力となっていましたが、飛躍が目覚ましいのが「Instagram」ですね。

芸能人や有名人、さまざまな大手企業等がこぞってアカウントを作り、情報発信ツールとして使用しています。

Facebookよりも簡単にはじめられる手軽さが、Instagramのその人気を後押ししているようです。

国内のユーザー総数も1,000万人を突破したInstagram、今回はInstagramで配信されている動画保存方法についてご説明いたします。

Instagram内に動画保存をする方法

静止画がメインのInstagramですが、実は動画の投稿も盛んに行われています。

以前まではInstagramの動画保存はできなかった為、皆さん大変不満に思われていたようです。

その不満を解消すべく、バージョン10.2から便利な保存機能が搭載されたのです。

Instagramの静止画や動画の右下に、しおりのようなアイコンがあるのがお分かりでしょうか?

実はこれが保存機能。タップすると黒色に反転します。

これだけで動画や静止画が、Instagramに保存する事ができちゃいます。

しかも、自分でコレクションと呼ばれるカテゴリを作って分かりやすくまとめる事もできるのです。

保存した静止画や動画は自分のプロフィール画面にある、同じしおりのようなアイコンをタップすれば閲覧可能。

しかし、この保存方法では、Instagram内に保存がされるだけで、iPhone自体に保存されるわけではありません。

また、ストーリーはこの方法で保存する事もできません。

iPhone内にInstagramの動画を保存する方法

気に入った動画があれば、保存しておく事でわざわざInstagramを起動せずとも楽しむ事ができます。

それに、投稿者が消してしまっても、iPhoneの中に動画があれば、一緒に消える事もないので安心です。

iPhoneにInstagramの動画保存をする方法は、ふたつあります。

・Clipboxで保存
・InstaSaveで保存

両方のやり方を確認し、自分に合った方法で動画保存を行うといいでしょう。次から詳しく説明していきます。

Clipboxで動画保存

保存したい動画の右上にある「…」をタップします。次に「URLをコピー」をタップ。

これでクリップボードに、その動画のURLがコピーされました。

「Clipbox」を起動し、「クリップ」→「ブラウザ」と進みます。

先ほどコピーしたURLを、画面上部のアドレスバーにぺたっと貼り付け、キーボードの「検索」を。

すると、先ほど保存したいと開いた動画のみが画面に表示されます。

すかさず画面左上にある「完了」をタップ。

画面下にある「+」の部分をタップし、「Are you ok?」→「Really?」と選択。

後は画面の指示に従い、最後に「OK」をタップすれば動画のダウンロードが開始されます。

これでクリップの履歴からその動画を見る事もできますし、画面左上の「戻る」→「マイコレクション」でも動画を閲覧する事が可能です。

InstaSaveで動画保存

InstaSave

上記からInstaSaveのアプリをインストールしましょう。

インストールが完了したら、Clipboxと同じように動画のURLをコピーします。

URLがコピーで来たらInstaSaveのアプリを起動。

画面中央付近にある「Paste your IG link here」というメッセージの下に、先ほどコピーしたURLを貼り付け、「Preview」をタップ。

時間にするとものの数秒で動画が開き再生が始まります。

その動画を保存するには、画面下の「SAVE」をタップしてください。

最初だけ写真へのアクセスの許可を求められますので、ここは指示に従って「OK」を。

自動的に動画のダウンロードが開始されます。保存された動画は、iPhoneのカメラロールで見る事ができます。

容量には気をつけて

Instagramの動画を、iPhoneで保存する方法についてご紹介してみました。

しかし、簡単に保存できるとはいえ、動画と言えばサイズが気になるところ。

あまり頻繁に保存していると通信制限になったり、iPhoneの容量オーバーにもなりかねません。可能であれば、PCへの保存を併用するのがベストでしょう。

動画編集を面白く! iPhoneの「iMovie」の使い方まとめ

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る