トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > Instagram(インスタグラム)を退会する方法
Instagram(インスタグラム)を退会する方法
更新
まとめ・説明書

Instagram(インスタグラム)を退会する方法

Instagram(インスタグラム)を退会する方法

訳あってインスタを退会したい

こんにちは! Applisionです! SNSって難しいもので、楽しめている間はいいのですが、ふとしたはずみで人間関係のトラブルに巻き込まれたり、プライバシーの問題で続けるのが困難になったり。

そんなトラブルは日常茶飯事で、あちこちで起こっています。

InstagramもSNSの一つですね。他のSNSに比べて、写真をアップするのがメインとなるInstagram。

今日は一度作ったInstagramのアカウントを、完全に退会するにはどうすればいいかをご紹介してみます!

SNSでよくある退会と一時停止の違い

Twitter等と同様で、Instagramにも完全な退会となる削除と、一時的に使用できなくするだけの「一時停止」が存在します。

Twitterの場合は、アカウントを削除しても30日以内なら、アカウントを元の状態で復帰する事ができる事で有名です。

それを越えると完全に退会扱いとなりデータは復旧されません。

さて、Instagramの場合はどうなっているのでしょう?

一時停止は、画像等の全てのデータは、Instagram上に残り、再ログインする事で復帰可能。

しかしアカウント削除での退会の場合は、画像等のデータはすべてInstagramのサーバー上から消失し、アカウントは二度復旧する事はできません。

また、一度使ったInstagramのアカウントは、退会してしまうと二度と使用する事はできません。

なので、本気で退会してすべてを再スタートしたいのか、一時的に非表示にしてほとぼりが冷めてから再開するのかは、きちんと決めておきましょう。

アプリのアンインストールは退会ではない

Instagramのアプリを、iPhoneからアンインストールしたのに退会できない!

それもそのはず、Instagramのアプリをインストールしたところで、きちんと退会の手続きを取っていなければ、退会にはならないんです。

しかも一時停止にすらならず、そのままInstagramのサーバー内で、すべてのデータは存在する事となります。

当然アカウントもそのままなので、放置状態となっているとセキュリティ等の問題を考えると大変危険。

必ず大会の手続きを行ってから、iPhoneの中にあるInstagramのアプリをアンインストールしましょう。それでは次から具体的な手順をご紹介します。

Instagramの退会の仕方

それではInstagram退会方法についてご説明していきましょう。

退会の処理の仕方は、Instagramのアプリではなく、Web上のInstagramから行います。

iPhoneのWEBブラウザ(Safari等)を起動して、Instagramのサイトにアクセスしましょう。

退会をしたい場合は、以下のリンクに直接アクセスしてください。

アカウントを削除

ログインができていない場合は、ユーザーIDとパスワードを用いてログインをします。

すでにログインされている場合は、「アカウントを削除」というページに移行し、あなたのIDが表示されているはずです。

退会に当たり、ページ内に記載されている「アカウントを削除する理由」のプルダウンから任意の回答を選択します。

そして「続行するにはパスワードを入力してください」の入力窓にパスワードを入力し、最後にある「アカウントを完全に削除」の赤いボタンをタップしましょう。

すると「アカウントを削除しますか?」と確認されるので、退会するのであれば「OK」をタップすれば完了です。

Instagram(Instagram)を退会する方法

Instagramのアカウントを削除し、退会する方法についてご紹介してみました。

退会のやり方はかなり簡単なので、うっかり一時停止と間違えて、実行してしまわないように、くれぐれも注意してください。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る