iPhoneのデータ使用容量を確認・減らす方法

気になるiPhoneのデータ使用量

こんにちは! Applisionです! iPhoneを使っていると、ふと気づいた時には、残りのデータ使用容量が1GBとかになってしまっている事、ありませんか?

そうなってしまっては、仕様用量を確保するのも一苦労。

どうしてiPhoneの使用容量は減ってしまうの?

容量はiPhoneを使っていると、特に何もしていないと思っていても減っていきます。

Webサイトを閲覧していれば、そのキャッシュが、アプリを使用していればそのデータのキャッシュが。

これらは自動的に保存され、iPhoneの使用容量を減らす事となります。

今日は使っていると言う意識が無い所で、ダウンロードされているものも実は多くありますので、きちんと意識し、iPhoneの使用容量の節約を心がけましょうというお話です。

iPhoneの使用容量を確認しよう

まずは今あなたのiPhoneの使用容量を確認してみましょう。

iTunesでも簡単に確認する事ができるのですが、iPhoneでの確認方法を今回はご紹介してみたいと思います。

・iPhoneの使用容量の見方
iPhoneの「設定」→「一般」→「使用状況」

「ストレージ」を書かれた文字の下に「使用可能」と表示されているのが分かりますね。

これが、現時点であなたのiPhoneの使用容量の残りとなります。

iPhoneの使用容量が合わない?

例えばあなたのiPhoneが32GBだったとします。

しかし、表示されているiPhoneが使用容量と、使用容量の残りを足しても、32GBになりません。

これはおかしいな……と思うのも当然です。なぜ計算が合わなくなるのでしょう?

それは実はすごく簡単で、iOS等のiPhoneを動かす為に必要な、ユーザーが触れる事の無いその他機能があるからです。

そして、冒頭でお話したような、キャッシュ等のいわゆる「ゴミ」が蓄積されてしまい、iPhoneの使用容量を圧迫してしまうのです。

では、見方がわかったところで、そんな使用容量を節約する3つの方法を早速次からご説明したいと思います。

タグ一覧