トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの画面が割れた時の対処方法教えます
iPhoneの画面が割れた時の対処方法教えます
更新
まとめ・説明書

iPhoneの画面が割れた時の対処方法教えます

iphoneの液晶画面が割れてしまった時にできること

iPhoneの画面が割れた時の対処方法教えます

iphoneのガラスを割ってしまったという話は良く耳にしますよね。iphoneの画面はなぜ割れやすいのでしょうか。

実はiphoneの画面は硬い強化ガラスで出来ています。これは傷を出来にくくするためですが、硬いために衝撃によって割れてしまいやすくなるのです。

傷をつきにくくするために硬い強化ガラスを利用していることが、iphoneの画面が割れてしまう原因なのです。

iphone画面が割れてしまった場合の応急処置

・サランラップで本体をぐるぐると巻く
iphoneの液晶画面はガラスですので、破片が飛び散ることを防ぐためにサランラップで密封してしまいましょう。

・マスキングテープで固定する
破損が激しい場合はマスキングテープで画面を固定してあげるとズレも生じにくく安心です。

iphoneを割れたまま利用する方もいますが、さらに損傷が激しくなりガラスが崩れてしまったり、その破片が指に刺さったりしないように最低限の処置をしておきましょう。

画面が割れてしまった場合の対処法

画面が割れてしまった場合には3つの選択肢から選択することになります。

1.Appleに修理を依頼する

・Appleに修理を依頼する方法
iphoneの画面が割れてしまった場合はAppleサポートに連絡し、修理して貰うことが出来ます。まずは、Appleサポートに連絡し、iphoneの液晶画面が割れてしまったことを伝え、指示を仰ぎましょう。

Applestoreに持ち込むことでも修理して貰うことが出来ます。

正規店ですので安心して修理して貰うことが出来るのがいいですね。

※アップルケアなど安心保証に加入している場合でも、iphoneの液晶画面が割れたことによる修理は保証対象外ですので、1年以内であっても修理料金は変化しないので、ご注意ください。(Appleには液晶画面が割れたことに対するサポートはありません)

2.修理店に修理を依頼する

・修理店で修理する方法
iPhoneの修理店へiphoneを持って行きましょう。Appleでの割れた液晶画面の交換は、iphoneの種類にもよりますが約1万5千円になります。また、修理には時間がかかりますし代機を利用するためにも申込みが必要です。

修理店では安く画面を修理することが出来ますし、時間もそれほどかからないのが魅力です。

iPhoneの画面が割れた時の対処方法は他にもまだあります。次からは更に詳しく、iPhoneの画面が割れた時の対処法についてご紹介していきます。

3.自分で割れた画面を修理して利用する

パーツと技術さえあれば自分でiphoneを修理してしまうことも出来ます。この方法が一番お金が掛からない方法になります(それでもパーツ代はかかりますから、無料で修理できるわけではありません)。

今はパーツもネットを通して購入できますし、修理方法も調べることが出来ます。しかし、iphoneの修理には技術も必要ですので、自分で修理する場合はしっかりと勉強してからにしましょう。やり方を間違うと修理箇所が増えてしまうだけでなく、利用できない状態になる可能性もあります。

iphoneはどうしても落とすと割れてしまうことが多いです。落とさないようにすることが大切ですが、液晶画面に保護フィルムを貼ったり、ケースに入れるなどして衝撃をなるべく少なくする工夫を行いましょう。

保護フィルムを利用していても割れることがなくなるわけではありませんが、可能性は低くなるようです。

以上、iPhoneの画面が割れた時の対処方法でした。

対策を行っていても割れてしまうときは割れてしまうものですよね。

割れてしまったら更なる不具合の原因にもなりかねませんし、指先を怪我してしまうこともありますので、出来るかぎり修理するべきです。どこで修理をするこおとにするかを考えるようにしましょう。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る