トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneでGoogleアカウントを削除する方法とデメリット
iPhoneでGoogleアカウントを削除する方法とデメリット
更新
まとめ・説明書

iPhoneでGoogleアカウントを削除する方法とデメリット

iPhoneでGoogleアカウントを削除する方法とデメリット

iPhoneでGoogleアカウントを削除するとどうなる?

こんにちは! Applisionです! iPhoneでもGoogleアカウントを持っていると便利という事は割と当たり前になってきましたね。

Googleアカウントって、iPhoneとかからでもすごく簡単に取得する事ができるので、用途に合わせて複数のGoogleアカウントを所持している人もいると思います。

でも、そんなにもいらないかな……とか、iPhoneでGoogleアカウントを作成してみたけど使う事ないなあ……。

なんて人も中にはいるはずですよね。

そこで今回はiPhoneでGoogleアカウントを削除する方法をご紹介します。

合わせて、Googleアカウントを削除するとどんなデメリットがあるのか、こちらについても同時に説明していきます。

iPhoneからでもGoogleアカウントの削除はできる

まずはGoogleアカウントの削除方法からご紹介してみましょう。

Googleアカウントの削除は、iPhoneでもパソコンでもやり方は基本的に同じです。

まずはiPhoneのSafari等のブラウザアプリで、Google(www.google.com)にアクセスしましょう。

すると画面右上にある「ログイン」または、プロフィール画像の丸印をタップします。

「アカウント」を選択し、「アカウント設定」→「アカウントやサービスの削除」と進みます。

「Googleアカウントとデータを削除」を選んで、画面の指示に従って二か所にチェックして、最後に「アカウントの削除」を行えば完了です。

これがiPhoneでのGoogleアカウント削除方法の流れです。結構簡単ですね。

注意点としては、一度削除したアカウントと同じGoogleアカウントは再取得できないという事です。

文字や数字、記号を追加して、元のアカウント名から変更しての登録となります。

iPhoneから削除したばかりのGoogleアカウントを復活させる?

Googleアカウントを削除した事がある方はご存知かもしれませんが、削除された時に表示される画面に、「アカウントの復旧について」という詳細が表示されます。

公式のサポートにも、Googleアカウント削除後2縲・週間以内であれば、Googleアカウントの復元ができる可能性があります。

Googleアカウントの復元ができれば、GmailやGoogle Play等も、削除前と同じ状態で使用する事が可能です。

iPhoneのブラウザアプリで、アカウントサポート(https://accounts.google.com/signin/recovery)のページにアクセスします。

ここではいくつかの方法でGoogleアカウントの復元を行えますが、今回は少し下にある、「本人確認を行って下さい」のリンクをタップしましょう。

本人確認を行っての復元作業となりますので、項目には登録した時の情報をできる限り正確に答えるようにして下さい。

特に入力するメールアドレスは、復元できたかどうかのメールが届きますので、よく確認するiPhoneのメールアドレス等を使用する事をおすすめします。

メールアドレスを入力できたら「続行」で進みましょう。次に必要になるのが個人を特定する為の詳細な情報です。

・覚えている最後のパスワード
・最後のログイン日
・アカウントを作成した日

この3項目は入力「必須」項目となりますので必ず入力が必要です。しかし、そんな昔の日付なんて覚えているわけないですよね。

そこでここは、できる限り思い出す程度で、このぐらいかな? というも日付を入力しておきましょう。

全問正解すると、ここでアカウントの復元が完了して、次の作業に移る事になります。

先ほどの3つが不正解の場合は、次の質問が表示されます。

ここからは任意でも大丈夫なので、さっぱりわからない場合は「質問をスキップ」しても大丈夫です。

最終的に「これでよし!」となれば「送信」をタップしましょう。するとGoogleアカウントを復元できるかどうかの審査がスタートします。

「入力した情報が、アカウントの情報と一致しません。より正確な情報に基づいて、別の申し立てを送信してみてください。」

このようなメッセージが出た場合は、個人の特定がうまくできなかった事を表します。最初から本人確認作業をやり直してみて下さい。

「このアカウントは削除されており、再設定できません。」

このようなメッセージが出た場合は、日数が経過しすぎている等の理由で、アカウントの復元をする事はできない状態となります。再度Googleを使用したい場合は、別のIDを取得する事となります。

次からもっと詳しく説明していきます。

iPhoneのGoogleアカウントを削除する事のリスク

iPhoneでもGoogleアカウントが使えるようになった事で、できる事の幅が広がりました。

ですが、削除してしまうとGoogleのサービスが受けられなくなるというデメリットもあるんです。

・Gmail
・Googleドライブ
・Google Play Music
・Googleフォト

Googleサービスの中でも、これらのサービス・アプリを使用されている方も多いのではないでしょうか?

iPhoneでゲームアプリをよく使われる方等は、ゲームデータが消えてしまう等というリスクもあります。

溜まっていたポイント等も一緒に削除されてしまいますので、削除する前に必ず、

・データのバックアップを行う
・ポイントの換金を行う

等の作業を忘れないようにしてください。

Gmailでメールのやり取りをされている方も同様です。フォトやドライブにデータが残ったままなのも危険ですので必ず確認を!

Googleアカウントの削除は大変簡単ですが、かなりあちこちに影響が出る可能性がありますので、判断を見誤らないよう注意しましょう。

まとめ

iPhoneで、Googleアカウントを削除する方法と、そのデメリットについてご紹介してみました。

何でもそうですが、一度登録した便利なツールにかかわるものを削除するとどうなるかって不安になりますよね。

作業自体はさほど難しくはないので、簡単に削除する事が可能なのはお分かりいただけたはず。

ですが、簡単だからこそ、慎重にしないとiPhoneから逃がしていた大事なデータがすべて消えてしまう……なんて事にもなりかねません。削除する時は、慎重に!

パソコンなしでもiPhoneのバックアップをとる方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る