トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのグループMMSについてのおさらい
iPhoneのグループMMSについてのおさらい
更新
まとめ・説明書

iPhoneのグループMMSについてのおさらい

iPhoneのグループMMSについてのおさらい

グループMMS、活用できてますか?

こんにちは! Applisionです! 今の時代、SNSの躍進もあり、メールだけでなく色々な方法でメッセージを送れるようになりました。

iPhoneでも一番利用されているのは、おそらくLINEだと思いますが、皆さんMMSはお使いでしょうか?

iPhoneではSMS、MMS、iMessage、これに加えて通常のEメールと4通りの連絡手段が存在しています。

その中にLINEグループのように使える「グループMMS」と言うものがあるのをご存知ですか?

今回はこの「グループMMS」について、おさらいしてみましょう! 初めての方も是非これを機会に利用してみるのいいかもしれません。

iPhoneのMMSってどんなもの?

MMSとは「Multimedia Messaging Service」の略称。分かりやすく言えばEメールですね。

このMMSを使うには各種キャリアに契約しているメールアドレスが必要です。ご存知、ドメインが以下のものがMMSになります。

@docomo.ne.jp
@ezweb.ne.jp
@softbank.ne.jp

SMSと違う特徴はどこかというと、

・タイトル(件名)をつける事ができる
・SMSは70文字の制限があるが、MMSは制限がない
・ファイル添付可能

Eメールとの違いの差が難しいのですが、昔からのiPhone以外のメールアドレスが使えるので便利です。

iPhoneのグループMMSとは

このMMSを複数の人に送れるのが「グループMMS」です。

ちなみに、iPhoneで一度に複数の連絡先にメッセージを送る事は、「iMessage」でも行えます。

実際にやり方をご紹介してみましょう。

・MMSを開き新規作成画面から1人目の宛先を選択します。
・再度宛先欄をタップすると、2人目以降の宛先を選択する事ができます。
・任意の複数の連絡先が指定できたら、メッセージを入力します。
・入力した吹き出しマークの右下にある、上向きの矢印をタップすれば送信完了。

iPhoneでグループMMSを受信した場合は、いきなり複数の人と話す状態で画面が始まります。

グループMMSの場合、メッセージが入力されている吹き出し型の上に、iPhoneに入っている連絡先の名前・電話番号等が表示されるので、誰のメッセージかは一目瞭然です。

そのままグループMMSの状態で返信メッセージを送信すると、画面上部に表示されている全員に返信されるというわけです。

少しLINEのグループトークに似ていますね。

グループMMSになってしまうのはちょっと……

相手側がグループMMSでメッセージを送ってきたものの、できれば直接返信したい場合もありますよね。

そんな時は、グループMMS内で個別にメッセージを送る以下の方法を行いましょう。

グループMMS画面右上にある「i」を丸で囲んだアイコンをタップします。すると宛先に登録されている連絡先すべてが表示されます。

その中から返信したい方の連絡先(名前等)をタップ。

タップした連絡先の人のページが表示されますので、その画面内にある「メッセージ」のアイコンをタップ。

次の画面で「件名」と「メッセージ」を入力し、上向き矢印アイコンをタップすれば、個別でのMMSとなります。

次からもっと詳しく説明していきます。

勝手にグループMMSになってしまう!

なぜだか、指定も設定もしていないのに、iPhoneでMMSを送ろうとすると勝手にグループMMSになってしまう事があるようです。

そんな時は以下の解除方法を順番に試してみてください。

・MMSメールのアドレスを削除する

iPhoneの「設定」→「メッセージ」→「MMSメールアドレス」を選択して、MMSのアドレスを削除。

・MMSメッセージ自体をオフにする

iPhoneの「設定」→「メッセージ」→「MMメッセージ」を選択し「オフ」に。

・マルチタスクの画面で「メッセージ」を消去する

iPhoneのホームボタンを素早く2回押します。メッセージアプリが起動中のアプリの中にあれば、画面の上へスワイプし、マルチタスクの画面から消してしまいましょう。

・iPhoneの再起動
・MMSのメールアドレスをもう一度入力する

iPhoneの「設定」→「メッセージ」→「MMSメールアドレス」から、もう一度アドレスを入力。

・MMSメッセージを再度オンにする

iPhoneの「設定」→「メッセージ」→「MMメッセージ」を選択して今度は「オン」に。

これで再度メッセージの再送を試みてください。

さっきまではグループMMSでしか送れない状態だった画面が、通常の1対1になっているはずです。

迷惑なグループMMSを拒否する

他のメッセージアプリと同様、グループMMSにも迷惑なメッセージが入ってきます。そんな時は以下の方法で拒否してしまいましょう。

基本的には着信拒否を行うのとやり方は同じです。

該当するグループMMSの画面を開き、右上にある「詳細」をタップします。

すると相手の情報が表示されますので、右側にある丸で囲まれた「i」のアイコンをタップ。「この発信者を着信拒否」を選択すればOKです。

なぜかグループMMSのメッセージが未配信になる

なぜか送ったメッセージが未配信になる場合は以下を確認してみましょう。

1. メールアドレスや電話番号が間違っていないか
2. 24時間以内の送信数制限を超えていないか
3. MMSがオンになっているか
4. MMSのメールアドレスの項目が空白になっていないか
5. モバイルデータ通信がオンになっているか

未配信になってしまう多くの原因をあげてみました。これ以外だと、通信環境のよし悪しが大きく影響するようです。

その場合は少し時間をおいて再送信してみるとか、添付ファイルが大きい場合は添付を解除してみる等工夫してみましょう。

iPhoneのグループMMSについてのおさらいをしてみましたがいかがでしたか?

使ってみると結構便利なグループMMS、うまく取り入れてみるとよさそうです。

LINEグループに招待されたのに参加できない時の対処法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る