トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのSafariでブックマークの賢い使い方おさらい
iPhoneのSafariでブックマークの賢い使い方おさらい
更新
まとめ・説明書

iPhoneのSafariでブックマークの賢い使い方おさらい

iPhoneのSafariでブックマークの賢い使い方おさらい

既定のブラウザだから

こんにちは! Applisionです! iPhoneの標準ブラウザアプリである「Safari」なんとなく使っていませんか?

実はこのSafariのブックマーク、ある使い方をすると大変便利に使えるのですが、どうもあまり知られていません。

そこで、iPhoneでSafariのブックマークを便利に賢く使う方法について、おさらいしてみましょう!

Safariのブックマーク

Safariは、iPhoneの標準ブラウザアプリなので、メインで使用されている方も多いでしょう。

そこでお聞きしたいのが、Safariのブックマークについて。実はちょっと使いにくいな……とか、思った事ありませんか?

また見たいなと思ったサイトをSafariのブックマークに保存。

後日アクセスしようとiPhoneを開いたけれど、どこにブックマークしたっけ? これってあるあるですよね。

ではどうしたらSafariでブックマークしたサイトへのアクセスを簡単にできるのか。

Safariでブックマークの基本

iPhoneのホーム画面からSafariを立ち上げ、ブックマークしたいサイトを開きます。

その画面の下にある、四角から上に矢印が付きだしているアイコン(共有)をタップしましょう。

次に表示されるメニューの中から、本のアイコンの「追加」をタップ。

これが基本的なSafariでのブックマークの流れです。追加の際に、サイト名や保存する場所を指定する事が可能です。

なんとなくでSafariを利用していると、この場所があまりよく分かっていない方が多いようです。

Safariのブックマークはフォルダで管理

通常、SafariでWEBサイトをブックマークすると、保存される「場所」は、「お気に入り」と「ブックマーク」の二つから選択する事ができます。

普通はこの時、ブックマークするのだから「ブックマーク」フォルダを選択する事でしょう。

しかし実は、便利にブックマークを使うのであれば、「お気に入り」に保存したほうが便利なのです。

なぜSafariのブックマークフォルダではなく、お気に入りフォルダのほうが便利に使えるのかというと、アクセスのよさが格段に違うのです。

Safariの「お気に入り」にブックマークしておけば(少しややこしいですね)、なんとアドレスバーからアクセスする事ができるのです。

Safariの画面の上にある「http://縲怐vで始まる、あの部分です。これ、すごい便利なので、ぜひ覚えておいて下さい。

Safariを開いてアドレスバーをタップ。

するとお気に入り内にあるブックマークがフォルダや、ブラウザのアイコンとして整理された状態でずらーっと並びます。

その中からアクセスしたいサイトをタップするだけなので、利便性がアップします。

次からもっと詳しく説明していきます。

Safariのブックマークを削除する

整理整頓は大切です。iPhoneの中味だって時には整理しないと重くなってしまいます。

なのでSafariのブックマークも必要が無ければ削除するようにしましょう。

iPhoneのSafariを起動し、ブックマークを開き、編集をタップ。

保存してあるブックマークの一覧が表示され、それぞれの左側に「-(マイナス)」が表示されているのが分かります。

そのマイナスアイコンをタップし「削除」をタップすれば、ブックマークを削除する事ができます。

最後に画面右下の「完了」をタップするのをお忘れなく。

なぜかブックマークが削除できない

Safariのブックマークを削除しようとすると、なぜかグレーになってしまい削除できない事があります。

こんな時は、一度バックアップをとり復元してみて下さい。

それでもうまく削除ができないようであれば、iPhoneの故障や不具合が考えられますので、サポートに相談する必要があります。

消えたブックマークを復活させる

何故か突然消えSafariのブックマークを復活させる方法です。

たまに不具合で、ブックマークフォルダから、すべてのサイトが消えた状態になる事もあるようですね。

そんな時、まずはiPhoneからSafariを完全に終了させてみてください。iPhoneのバックグラウンドで動き続けていないか、要注意です。

それでもダメなら、iPhoneを再起動してみましょう。

iPhoneを先どうしても駄目な場合は、iCloudから一度サインアウトしてみましょう。

まだまだあります、次からもっと詳しく説明していきます。

Safariのブックマークを同期する?

ブックマークの同期をしておくと、自分のiPhoneだけでなく、別のiPhoneやApple製品でもブックマークを共有する事ができます。

ちなみにSafariではなくChromeを使用すれば、Windowsのブックマークだって同期してiPhoneで使用する事が可能です。

もっと踏み込めば、iPhoneでSafariとChromeを同期する事だって可能なのです!

まずはiCloudでSafariを同期する方法から。

・iPhoneの「設定」→「iCloud」→「Safari」をオン。
・別のデバイスで同じiCloudのIDでログインし「設定」→「iCloud」→「Safari」をオン

今度はChromeとSafariを同期しましょう。

今まではブックマークをエクスポートして……同期するブラウザにインポートして……と手間も時間も必要でした。

しかしこの方法なら、簡単に同期が可能です。

・iPhoneの「設定」→「iCloud」→「Safari」をオン

すると、「SafariデータをiCloudに結合します。」と確認が出ますので「結合」をタップ。

なんとこれだけ! 拍子抜けしてしまうほど簡単にiPhoneのChromeとSafariが同期されました。

まとめ

基本的な項目ばかりではありますが、意外に知らなかったりする事も多いのがiPhone。

上手な使い方を知っておくとiPhoneでインターネットをするのに時間短縮ができます。

他のブラウザやデバイスと同期しておけば、もっともっと便利になりますね!

iPhoneを同期してデータが消えた時の対処法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る