自分のiPhoneが中国製かどうか確認する方法

自分のiPhoneが中国製かどうか確認する方法

私のiPhoneが作られたのはどこ?

こんにちは! Applisionです! 突然ですが、自分のiPhoneが、中国製かどうかご存知ですか?

「中国製品」と聞くと、未だ敬遠してしまう人も多い事でしょう。

必ずしも悪いかどうかは判断できかねますが、知っているのと知らないのとでは気持ちの上でも大違い!

そこで今日は、あなたのiPhoneが中国製かどうかを確認する方法をご紹介いたします。

私のiPhoneって中国製なの?

実はiPhoneには、固有のシリアルナンバーがひとつひとつに割り当てられています。

そのシリアルナンバーを紐解いていけば、いつ、どこで製造されたものなのかを確認する事が可能なんです。

お手持ちのiPhoneが中国製かどうかの見分け方をご紹介するうえでも、シリアルナンバーでの確認は欠かせません。

それでは、さっそくあなたのiPhoneのシリアルナンバーを確認してみましょう。

iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」と進みます。その情報のページ内に「シリアル番号」と書かれている項目があるのですぐお分かりいただける事でしょう。

この「シリアル」の項目の部分を長押しし、コピーを取っておきます。可能であれば、万が一iPhoneが故障して動かなくなった時にも必要になりますので、メモも取っておくといいでしょう。

Klantenservice: Serienummers

シリアル番号が分かったら、上記のサイトへアクセスします。

そして空欄になっている入力スペースに、先ほど確認したシリアル番号を入力またはペースト。入力が出来たら「Laat de informatie zien」のボタンをクリック!

少々待っていると、画面に何やらいろいろな英語の文章が表示されます。

並んでいる文章をよーーーく見てください。先ほどペースト(入力)したシリアルナンバーが表示されていたり、iPhoneの機種名(iPhone 6s等)が書かれていますね。

ここに表示された情報を見れば、お手持ちのiPhoneの画面サイズや容量、カラーまで一目瞭然というわけです。

では早速この中から、お手持ちのiPhoneが中国製なのか、中国製以外なのかを確認しましょう。

画面の一番下にある項目「Factory」を見てください。

「China ‐ Foxconn」と書かれていたら、そのiPhoneは中国製である事が明らかです。ちなみに「Foxconn」は「フォックスコン工場」の事で、iPhoneの組み立てをしている工場として大変有名です。

さてそれでは、中国産iPhoneの懸念点についても次からもっと詳しく説明していきたいと思います。

中国製品である事の問題点

実は大抵のiPhoneがシリアルで確認すると、「China」の文字が入っていて、中国で生産されているんです。

この点から見ても、世界的な価値連鎖の時代である現代は、中国製だからダメ、価値がないという感覚は薄れてきています。

もちろん、物によっては、問題視されているものもありますが、iPhoneに関していえば、ほとんどが中国製である事から、特に問題はないという事です。

どちらかと言えば、iPhone本体そのものより注意したいのは中国だけに限らず、海外で作られたアプリやサードパーティー性のアクセサリーのほうだったりします。

実際、中国製の人気アプリを使用した多くの人の情報が漏えいしたり、ウィルスに感染したという話は、耳にした事があるのではないでしょうか?

何度も申し上げますが、この手の話は中国せいだけに限った話ではありません。

しかし、残念な事に中国製のiPhoneの充電器等では、発火や爆発、感電等のトラブルが相次いでいるのも事実です。安く販売されている充電ケーブル等も、注意が必要です。

消耗品であるため、安く抑えたい……というお気持ちはよくわかります。しかし、高価で色々な情報が詰まったiPhoneで使用するのですから、あまり安すぎるものは、避けたほうが良いのかもしれませんね。

自分のiPhoneが中国製かどうか確認する方法

今回ご紹介した、生産地等を調べるサイトは、確認回数に制限があるようなのでご注意を。

しかし、Apple製品であれば、すべて検索対象となっていますので、お手持ちの他のデバイスでも確認してみるのもいいでしょう。

iPhone本体が中国製でもさほど問題はありません。その点だけは安心して使っても大丈夫ですよ!

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「自分のiPhoneが中国製かどうか確認する方法」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介