困った! iPhoneの通話音が聞こえない場合の対処法

困った! iPhoneの通話音が聞こえない場合の対処法

もしもし? 何も聞こえない……

こんにちは! Applisionです! iPhoneに電話がかかってきたので、通話ボタンをタップしたのになぜか何も聞こえない!

こんな事になっては困りもの。しかし、なぜiPhoneの通話音が聞こえない状況に陥るのでしょうか。

必ずしもiPhoneの故障とは限りませんので、チェックしてみてください。今日も一緒に考えていきましょう。

通話の音が聞こえない!

iPhoneにかかってきた電話を受けているはずなのに、相手の声が聞こえない場合。まずはiPhoneの受話音量を確認しましょう。

これが「まさか~」と思うんですが、盲点だったりするんです。

iPhoneのスピーカーから音が出ない設定になってしまっていると、電話をとっても、相手の音声が聞こえないのは当然ですよね。

では早速、iPhoneのスピーカーから音が出るかどうかをチェックしてみましょう!

iPhoneにイヤホンやケーブルが繋がっていない状態になっているかを確認してください。

繋がっていると、スピーカーからの音は遮断されて聞こえない状態になります。

iPhoneの「設定」→「サウンド」と進みます。次に「着信音と通知音」のボリュームのスライダーをタップします。ここで音が聞こえないとなると、スピーカーの故障も考えられますので修理が必要になるかもしれません。

しかし、きちんと聞こえてくればスピーカーには問題はありませんので、マナーモードの設定のほうを見直してみましょう。

iPhoneのマナーモードには要注意

iPhone本体側面にあるサウンドをオン・オフに切り替えるスイッチがあります。

実はこれもiPhoneの通話音が聞こえない原因のひとつとなるんです。

このスイッチが、オフ(オレンジ色が見えない状態)だと、iPhone本体のスピーカーから音が出ないので何も聞こえない状態になります。

マナーモードにしていると、音楽やゲームアプリ等の音は聞こえるので、関係ないと思いがち。電話の着信音が聞こえない場合は、このスイッチのオンオフを確認しましょう!

スイッチがオフでマナーモードになっていたのなら、オンにしてiPhoneに電話かけて着信音が鳴るかどうかを確認してください。

スピーカーからほかの音が出るのに、着信音が聞こえない場合は、このスイッチの接触不良も考えられます、

この状況になった場合は、自分ではどうにもできませんので、修理に出す事をお勧めします。次はBluetooth等の設定を確認しましょう!

iPhoneに、Bluetoothが繋がっていませんか?

iPhoneにBluetoothが接続されていたりペアリングされていると、そちら側に音声出力が優先されてしまい、通話が聞こえない状態に陥る場合もあります。

この状況を回避するには、Bluetoothをオフにしましょう! iPhoneの画面を下から上にスワイプします。すると「コントロールセンター」が表示されます。

その中の項目に「Bluetooth」がありますので、これをオフにすれば、出力がiPhoneの内蔵スピーカーに切り替わります。

物理的に通話音が聞こえない可能性を排除する

よくあるのが、保護シートが受話口にまでかかってしまっていて、相手の声が聞こえない為、会話ができないという状況。

またその受話口がホコリ等で目詰まりしてしまい、相手に自分の声が聞こえないという現象を起こしてしまう可能性もあります。

この二つは比較的簡単に解消できますね。

保護シートは少しでも受話口にかかっていると、会話の妨げになりますので、くれぐれもかぶさらないように気を付けて貼るようにしましょう。

どうしてもかかってしまう場合は、その部分だけカットするほかにはないでしょう。

受話口の掃除については、柔らかい布やブラシ、なければ綿棒等で、そっとやさしく汚れを取り除きましょう。

iPhoneをキッチンで使用している方等だと、油汚れがいつの間にか付着し、そこにさらにホコリが……なんて事も多いので、一見綺麗に見えても、時々掃除してあげるだけで、iPhoneの通話音が聞こえない! なんてトラブルを回避する事が可能です。

iPhoneを再起動してみよう

原因不明、予測不可能なエラー。こんな時は、iPhoneの再起動です。

通話音が聞こえないというのも、まさにこれにあたります。

それでも聞こえない状況が続く場合は、iPhoneの初期化や復元も効果がないわけではないようです。

しかし、復原しても聞こえない場合は、やはり故障も視野に入れるべき、最悪の場合は次の対応を。

それでも聞こえない状況が続くなら

iPhoneを復元しても、まだ聞こえない状態が続くのであれば、やはりなんらかの故障も視野に入れておく必要があります。

iPhoneを購入してから1年以内、もしくはApple Care+に加入している期間内であれば宅配修理や、交換も可能です。

iPhoneの通話音が聞こえないという症状(スピーカー全般)は意外に多い事例のようなので、下記の要領で連絡をするといいでしょう。

まずはAppleのサポートにアクセスします。「iPhone」→「修理と物理的な損傷」を選択します。

あとは以下の順に選択していってください。

「レシーバーまたはスピーカーから音が聞こえない」→「iPhoneのレシーバー」そしてiPhoneで受信する事のできるメールアドレスを入力して「送信」するとAppleからメールが届きます。

届いたメールに書かれた「診断プログラム」を行いましょう。「手順6」からアクセスし「スタートチェック」を選びます。まだサポートに営業時間内であれば「今すぐアドバイザーと話がしたい」を。

すでに終了していれば「指定した日時に電話してほしい」どちらかを選びます。

連絡先を入力すれば、あとは連絡があるのを待つばかり。

連絡があれば、その指示に従えばOKです。

iPhoneの通話音が聞こえない!

iPhoneでの通話音が聞こえない状況に陥った時、何を行えばいいかをご紹介してみました。

一概に、故障とは限らないという事が、ご理解いただけたでしょうか?

改善策はいろいろありますので、ひとつずつ原因となる点をつぶしていって、なぜ聞こえないのかを突き止めてましょう。

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「困った! iPhoneの通話音が聞こえない場合の対処法」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介