iPhoneのアクティベートで困った時のまとめ

初期化した時は必須!iphoneの「アクティベート」とは?

iPhoneのアクティベートで困った時のまとめ

iPhone6に機種変更後、もしくはiPhone5や5c、5sを初期化・リセットした後は、電源を入れただけでは使うことができません。

すべての機能を使うために「アクティベーション」をする必要があります。

アクティベーションとは、いわゆる利用開始設定のことです。言語の選択やインターネットの設定、位置情報、AppleID、iCloud、Touch ID、パスコード、Siri、画面表示サイズなどの設定を行います。

iPhoneを使っている方なら一度は行ったことのある作業だと思いますが、復元した後などにアクティベーションができないトラブルも意外と多く発生しているようです。

iPhoneのアクティベーションで困っている方のために、対処方法をまとめてみました。

SIMカードを確認、再セットしてアクティベーションを行う。

SIMカードが挿入されているか確認してください。

iPhoneを再起動し、再びアクティベーションを試してみてください。SIMカード無しだとアクティベーションできません。

また、iOS7以降、SIMカードがあってもdocomoやau、SoftBankと解約済みのものではアクティベーションできない場合があるようです。SIMカードが無い場合や、SIMフリーのiPhoneをお使いの場合は、

アクティベーション用のSIMカードを準備してください。

別の方法でアクティベーションを行う。

アクティベーションには3つの方法があります。

・iTunesで接続
・Wi-Fiで接続
・モバイルデータ通信で接続

前回エラーになったやり方とは別の方法でやり直してみてください。

iPhoneのアクティベートでエラーが出た場合、どういった解決法があるか、次から詳しく紹介していきます。

システム状況を確認する

AppleのHP内にあるシステム状況が正常に動いているか確認します。
→確認はこちらから

「iOS デバイスアクティベーション」の項目が緑色になっていない場合は、しばらく経ってから iPhone のアクティベーションを試してみてください。

リカバリーモードでアクティベーションを行う。

まだ警告が出る場合は、リカバリーモードにしてアクティベーションを試してみてください。手順は以下の通り。

①一旦デバイスの電源をオフにし、暫く待つ。
②iTunesがダウンロードされているpcを準備し、iPhoneのホームボタンを押しながらUSB接続します。
③「iTunesに接続」画面が表示されるまでホームボタンを押し続けてください。
④iPhoneの画面に「iTunesアイコンにUSBコードが接続」するイメージ画面が現れ、パソコン画面に「iTunes はリカバリモードの iPhone、iPad、または iPod touch を見つけました」と表示されたらOK。
⑤iTunesを使ってデバイスを復元します。以前にiTunesやiCloudと同期したことがあれば、バックアップから復元もできます。

アクティベーションロック

iPhone のアクティベーション中にパスワードの入力を求められた場合は、「iPhoneを探す」のアクティベーションロックが有効になっている場合があります。

以上、アクティベーションが失敗した時の対処法のご紹介でした。

アクティベーションには意外と時間もかかるので、余裕のあるときに行うといいですね。

ところでみなさんAppleIDの管理は十分ですか?

このような時にIDやパスワードを忘れたりすると面倒なことになります。My Apple ID で日頃からアカウント情報を確認し、アップデートしておくことをおすすめします。

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iPhoneのアクティベートで困った時のまとめ」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介