iphoneを工場出荷状態に戻す方法

iphoneを工場出荷状態にして初期化しよう!

iphoneを工場出荷状態に戻す方法

iPhoneの調子が悪くなった時や、中古として下取りに出す時、必ずしなければならないのが「iPhoneの初期化=工場出荷状態に戻すこと」です。

工場出荷状態とは、iPhoneを購入し箱から出した時の状態のこと。まだあなたの連絡先、アプリなどのデータが何も含まれていないiPhoneです。

そこで今回はiPhoneを工場出荷状態に戻す方法をご紹介します。

バックアップの取り方

まずはiCloudとiTunesにバックアップを取ります。

・iCloudにバックアップを取る
「設定」>「iCloud」>バックアップ>「iCloudバックアップ」をオンにします。
>表示されたポップアップの「OK」をタップ
>「今すぐバックアップを作成」をタップでバックアップが始まります。
>「バックアップを作成中」の表示が消えたら完了です。

iPhoneに入っている写真などは消えてしまう場合があるので、心配な方はパソコンへ転送しておくことをおすすめします。

・iTunesにバックアップを取る。(Macでの操作)
パソコンとiPhoneをケーブルで接続します。
>iTunes「概要」>「バックアップ」に表示されている、「今すぐバックアップ」をクリックするとバックアップが始まります。

※バックアップにはデータ容量に時間がかかる場合があるので、時間に余裕のある時に行いましょう。

そして本題、工場出荷状態に戻す=初期化する方法です。

iTunesで初期化する

①パソコンでiTunesを立ち上げる。
(まずは自動同期を停止します。)
②画面左上のアイコン(■の左側に▼マークのあるアイコン)をクリックし、設定をクリック
③表示された設定画面内にある「デバイス」をクリック。
④「iPad、iPhoneおよびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れ「OK」をクリック
⑤自動同期を停止したら、パソコンとiPhoneを接続し、「iPhoneを復元」をクリック
⑥「バックアップ」「バックアップしない」のいずれかを選択します。最初にバックアップをとっている場合は、時間短縮のため「バックアップしない」を選択してください。
⑦「復元」または「復元と更新」をクリック>「次へ」をクリック
⑧「同意する」をクリック>復元が始まります。
⑨復元が終了すると、iPhoneの再起動が始まります。パソコン上に表示されたメッセージの「OK」をクリック。
⑩「ダウンロードして更新」をクリック>「正常に更新されました」と表示されたら「OK」をクリックします。
⑪「新しいiPhoneとして設定」を選択>「続ける」をクリック
⑫「開始」をクリック>復元完了です。

次からは、Iphone本体だけを使って工場出荷状態に戻す方法をご説明していきます。

iPhone単体で初期化する

①「設定」>「一般」をタップ
②画面下にある「リセット」をタップ
③「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
④パスコードを設定している場合、パスコードを入力します。
⑤「iPhoneを消去」をタップ
⑥もう一度聞いてくるので、同じく「iPhoneを消去」をタップ
⑦画面が白く変わり、中央にappleマークが表示され初期化がスタートします。
⑧初期化が完了すると、すべてがリセットされます。

(再度このiPhoneを利用を開始する場合は、アクティベーションをする必要があります。)

以上、iPhoneを工場出荷状態に戻すやり方のまとめでした。

iphone 3g / 3gs / 4s / 4 / 5 / 5c5s 、au、ソフトバンク、docomo 共通の方法です。
また、どのバージョンのiOSでも同様の方法で操作します。

・既にお持ちのApple IDはiPhoneを初期化しても消える事はありませんので、再度ログインして使う事ができます。
・メールアドレスや電話番号は、携帯会社が管理しているものなので消える事はありません。
・SIMカードが無い場合は初期化できません。ダミーのSIMが販売されているのでそれを使うことになります。

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「iphoneを工場出荷状態に戻す方法」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介