トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのノイズ原因とノイズキャンセリングまとめ
iPhoneのノイズ原因とノイズキャンセリングまとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneのノイズ原因とノイズキャンセリングまとめ

iPhoneのノイズ原因とノイズキャンセリングについて

iPhoneのノイズ原因とノイズキャンセリングまとめ

iPhoneでの通話時、ノイズが気になることはありませんか?
「相手から何度も聞き返されるな〜」とか、スピーカーまたはイヤホンからの「音楽が聴きづらくなった」「曲と曲の間にノイズが入るようになった」、純正イヤホンの「サウンドがおかしい」「着信音がこもるようになった」なんて感じた方は、お持ちのiPhoneに異常があるかもしれません。

気になる方は以下の方法を試してみてください。

マイクが塞がっていませんか?

iPhoneの音声マイクに、物理的に物で塞がっている可能性は十分にあります。保護シートやiPhoneケースで知らないうちに塞いでしまっていることがあるのです。

・iPhone4/ 4S の場合
iPhone4では、底面のマイクの他に、本体の上部(イヤホンジャックの横)にセカンドマイクがあります。各々にほこりはないか確認してみましょう。
iPhone4でのビデオ撮影や、スピーカーフォンでの通話はこのセカンドマイクで拾っているようなのです。

・iPhone5s / 5c の場合
iPhone5では、マイクは3カ所あります。背面(メインカメラの横)、全面(レシーバーの横)、底面。各々、ほこりや、保護シートで塞がれていないか確認してみましょう。

レシーバーやスピーカーが塞がっていませんか?

レシーバーやスピーカーからの音にノイズが入っている場合は、各所のほこりをチェックしてみましょう。

ノイズキャンセリングがオフになっていませんか?

iPhoneには「電話ノイズキャンセリング」という機能があります。耳に当てて通話しているときに、周りの雑音を除去してくれる、大変優秀な機能です。

本来デフォルトで「オン」になっているはずですが、念のため確認してみてください。
「設定」→「アクセシビリティ」→「電話ノイズキャンセリング」→「オン」です。

iPhoneで通話中にノイズを発生させてしまう原因は他にもあります。次からは、iPhoneのノイズになる原因と対処法について更に詳しくご説明していきます。

マナーモードになっていませんか?

突然、iPhoneのスピーカーから全く音が出ない!という方は、単純ですが、マナーモードになっていないか確認してみてください。またイヤホンがささっていても、スピーカーから音が出ません。

再起動してみる

上記の方法でも治らない場合は、再起動をしてみてください。
それでも治らないばあいは、appleサポートセンターへ問い合わせてみることをオススメします。

自分の手で押さえていませんか?

最後に念のため確認しておきたいのが、通話しているときのiPhoneの持ち方。
マイクの位置が曖昧な為、知らずに自分の手で隠してしまっている人もいるようです。まさか〜と思いがちですが、念のためチェックをおすすめします。

以上、iPhoneのノイズの原因とノイズキャンセリング設定方法でした。
意外と故障ではなく、シンプルな理由だったりすることもあるので、各機能の場所や取り扱い方法を、一度再確認してみるのもいいかもしれませんね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る