トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneの「全ての設定をリセット」の使い方まとめ
iPhoneの「全ての設定をリセット」の使い方まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneの「全ての設定をリセット」の使い方まとめ

iPhoneの「全ての設定をリセット」の使い方まとめ

解決できないiPhoneの不具合は

こんにちは! Applisionです! iPhoneの「設定」のなかにある「リセット」の項目、見た事ありますか?

その中に、「全ての設定をリセット」という項目があるのですが、これを実行するといったいどうなるのでしょう?

この「全ての設定をリセット」とは、iPhoneに不具合がおこった時に、問題を解消してくれる役割があるのです。

でも、いざそのタイミングが来ても、なんだか怖くて実行できないという人もいそうです。

そこで、今回はiPhoneの「全ての設定をリセット」についてお話ししてみましょう。

全ての設定をリセットとは

iPhoneの「設定」→「一般」「一般」→「リセット」→「全ての設定をリセット」

上記の通り進めると、「全ての設定をリセット」を実行できます。

これは文字通り、iPhoneの中にある全ての設定をリセットする事となります。

通常、iPhoneに不具合が生じると、とりあえず再起動しますよね。

しかし、それでもiPhoneの不具合が解消されない時は、この「全ての設定をリセット」の出番となるわけです。

全ての設定をリセットするとどうなるの?

iPhoneの中にある全ての設定をリセットするわけですが、実際にはどのような設定データが消えるのでしょう?

・Wi-Fi
・通知
・コントロールセンター
・おやすみモード
・画面表示と画面の明るさ
・壁紙やサウンド
・TouchIDとパスコード
・位置情報
・キーボード
・各種機能制限
・Spotlight検索
・Siri
・各種アクセシビリティ
・アラーム
・iTunesやAppStore自動ダウンロード
・アプリのバックグラウンド

これらの設定が全てリセットされてしまいます。

結構よく使う動作に対する設定が多いので、一度リセットすると再設定を行うのは少し面倒かもしれません。

ちなみに、全ての設定をリセットしても消えない設定もあります。

・Apple ID
・メールのアカウント
・SNSのアカウント
・iPhoneに保存されている写真や音楽等のコンテンツ
・モバイルデータ通信
・登録してあるユーザ辞書
・キーボードの変換学習
・メモに保存している内容
・Safariで保存したパスワードやクレジットカード情報
・ホーム画面にあるアイコンの配置
・インストールしたアプリやアプリ内の各種データ
・位置情報サービス以外のプライバシー設定
・iCloudの同期設定
・言語と地域

これらが、消えない情報や設定となります。

消えてしまう項目以上に、重要な設定や情報ばかりなので、全てリセットしてもある程度は安心ですが、リセットする前に見ておきたいポイントを次からもっと詳しく説明していきます。

全てのリセットを行う前に

iPhoneの不具合を解消してくれるなら、多少は面倒だけどやってしまおう! と、その前に。

iPhoneの不具合を解消したいのであればやはり通常の「再起動」から行うようにしましょう。

それでもダメなら今度は、iPhoneの「リセット」を行います。

それでもダメなら一度カスタマーの問い合わせ、それでもダメではじめて「全ての設定をリセット」という順にする事をオススメします。

再起動よりもリセット、リセットよりもすべての設定をリセットの順に時間やバッテリーの消費も多くなります。

手順を踏んで、iPhoneの不具合解決に努めるのがベストと言えるでしょう。

iPhoneのリセットの手順は以下の通りです。

iPhoneのホームボタンを連続して2回押します。

すると、最近使用したアプリが表示されますので、表示がなくなるまでひとつずつ画面の上にスワイプして終了させます。

画面からすべて消えたら、iPhoneの再起動を行います。

iPhone本体のスリープボタンを長押しし、表示された「スライドで電源オフ」を左から右へスライド。

完全にiPhoneの電源が落ちたら、再度本体にあるスリープボタンを長押し。

これで基本的なリセットは完了していますが、それでも不具合がある場合はUSIMカードの指し直しも試しておきましょう。

iPhone本体の「スリープボタン」を10秒以上長押し後、「スライドで電源オフ」で電源を落とします。

本体側面にある小さな穴に、付属されていた「SIM取り出しツール」を差し込みます。

するとSIMカードの入ったトレイが出てきますので、落とさないように静かに本体から抜き出します。

きちんと取り出せたら、もう一度トレイにのせ、今度も落とさないように静かに差し込みます。

簡易リセットでも不具合が解消しない場合は「強制リセット」です。

スリープボタンとホームボタンを、Apple マークが表示されるまで同時に長押ししましょう。

全ての設定をリセットするのは最後の手段

全ての設定をリセットを行う方法や、行う際の注意点についてお話ししてみました。

あまりにもiPhoneの不具合が解消しない場合は、最終手段としてすべての設定をリセットしてみるのもいいでしょう。

しかし、消えてしまったデータはバックアップをしておかないと復元できませんので、事前のバックアップをお忘れなく。

iPhoneのネットワーク設定のリセットについておさらい

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る