トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで相手を着信拒否する方法は?
iPhoneで相手を着信拒否する方法は?
更新
まとめ・説明書

iPhoneで相手を着信拒否する方法は?

iPhoneで相手を着信拒否する方法は?

今日から始める着信拒否!

こんにちは! Applisionです! iPhoneにかかってくる迷惑電話。出来れば、着信拒否したいですよね。

でもiPhoneでの、着信拒否の仕方ってどうやるんでしょう? と、分からないまま時が過ぎてしまっていませんか?

iPhoneにかかってくる相手の分からない番号からの電話。いろいろな事情から、この番号の相手を着信拒否したい……。

そんなあなたの為に、今回はiPhoneの着信拒否の設定方法をご紹介しましょう!

iPhoneにかかってくる特定の相手を着信拒否する

iPhoneの着信拒否の方法はふた通りあります。

1. iPhone本体での着信拒否設定
2. docomo・au・ソフトバンクの迷惑電話対応サービスを使って着信拒否する

これらをすべて設定すると、それぞれ違ったアナウンスがかけてきた相手に流れますので、その違いもしっかりと把握しておきましょう。

iPhone本体での着信拒否設定

iPhoneの着信拒否の設定方法はいたって簡単です。iPhoneの「設定」→「電話」から着信拒否の設定を行う事が出来ます。

「電話」アプリを開き、画面一番下にある「履歴」をタップすると着信履歴が表示されます。

着信履歴から着信拒否したい番号の右側にある、円の中に「i」のマークが書かれたアイコンをタップしましょう。

すでにiPhoneの連絡先に登録された番号を、着信拒否設定にしたい場合は、画面下にある「連絡先」アイコンをタップし、表示された中から、着信拒否したい相手を見つけて、また右側にある「i」のマークをタップしましょう。

両者、次の画面は同じ、オプションの画面になります。一瞬、着信拒否する項目が見当たらないと思いますが、iPhoneの画面の下の方をよく見てください。

「この発信者を着信拒否」

この文字をタップすれば、この番号からの着信はすべて、着信拒否する事が出来ました。もし、着信拒否設定を解除したい場合は、もう一度押せば「この発信者の着信拒否設定を解除」となり、簡単に解除する事が出来ます。

iPhoneの「設定」アプリから、複数の着信拒否設定を解除する方法もありますので、ご紹介しておきましょう。

iPhoneの「設定」→「電話」→「着信拒否設定」上記の通り進むと、着信拒否している電話番号の一覧が表示されます。

着信拒否の解除をしたい番号を、タップしながら左にスライドすると、解除する為の赤いボタンが右側に表示されます。

次は非通知、公衆電話のみを着信拒否する方法をご紹介します。

おやすみモードで非通知・公衆電話からの着信拒否しよう!

基本的に、iPhone本体での着信拒否設定は、電話番号が分からないと、着信拒否設定をする事が出来ません。

しかし大抵の場合、着信拒否したい!と思うのは非通知の着信だったりするものです。そこで登場するのが「おやすみモード」です。

iPhoneの「設定」→「おやすみモード」→「今すぐオン/オフ」の項目をオンに。下のほうにある「通知」を「常にする」に変更。

次に「着信を許可」をタップし、「すべての連絡先」に変更をしてください。初期設定では「よく使う項目」になっていると思います。

これで、非通知拒否がiPhone本体でも実現可能となりました。

ちなみに、このモードのとき相手には「ただ今電話に出る事ができません。ピーという発信音の後にお名前とご用件を……」と、通常の留守番電話の時と同じガイダンスが流れます。

「おやすみモード」はコントロールセンターからでも、簡単にオン/オフできますので、便利に使えそうですね。

迷惑電話対応サービスを使って着信拒否する

この方法を使う場合は、やはり非通知や、公衆電話からの着信を拒否したい場合です。

「おやすみモード」でもある程度は防げるのですが、これでは連絡先に登録されていない電話に、一切出る事ができません。

そこで、契約している各キャリアの迷惑電話サービスを使う事で、着信拒否設定をする事が可能となります。

各キャリアごとにサービスや料金等が異なりますので、お使いのキャリアの案内ページや、窓口で詳細を確認してください。

大体無料~100円程度で契約する事が可能なので、迷惑電話に悩まされている方には、お勧めです。

iPhoneで相手を着信拒否する方法

度重なる迷惑電話は、心身ともに疲弊させてしまいます。

少しの設定や、サービスを利用する事で、そんな煩わしさから少し解放できるかもしれませんね。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る