トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > まとめて保管!iPhone「Wallet」アプリの使い方
まとめて保管!iPhone「Wallet」アプリの使い方
更新
まとめ・説明書

まとめて保管!iPhone「Wallet」アプリの使い方

まとめて保管!iPhone「Wallet」アプリの使い方

iPhoneで決済を簡単に!

こんにちは! Applisionです! iPhone 6以降に搭載された「Wallet」アプリ。

日本はこんなにもiPhoneが大人気なのに、実は海外の方ほど使っている方が多くないようなんです。

とても便利なiPhoneの「Wallet」アプリ。どんなものなのか、どのように使えばいいのかを今日はご紹介させていただきます!

iPhoneの「Wallet」アプリとは?

iPhoneの「Wallet」アプリとは、Android携帯でいうところの「お財布アプリ」と言ったところでしょう。Androidのお財布ケータイ機能が、iPhoneの「Wallet」アプリとしてiPhone 6から搭載されたんです。

もともと「Wallet」とは「二つ折りのお財布」という意味を持っています。まさにiPhoneのお財布代わりとして活躍してくれそうですね。

iPhone 6に搭載される前は、「Wallet」は、「Passbook」や「Apple Pay」のように別々の機能として搭載されていましたが、これらがすべて「Wallet」というアプリとして1つに統合されたんです。

お財布ケータイに負けていないのが、iPhoneの「Wallet」アプリが、ただのお財布代わりになるアプリではないという事。

「Passbook」が一緒に使えるという事で、航空券の電子チケットや、対象のお店が発行する電子クーポンが追加されたり、まとめて保管する事が出来るんです。

お店に近づくだけで、自動的にiPhoneにチケットやクーポンが表示される機能もあるそうです。

クレジットカード情報を、iPhoneの「Wallet」に登録しておけば、タッチするだけで支払いが可能となる「Apple Pay」も使用できます。

まだ国内での運用が開始されていないようなので、こちらに関しては、海外へお仕事等でよくいかれる方向けですね。

iPhoneの「Wallet」の活用方法

こんなに便利な機能を使わない手はありません。早速、iPhoneのWalletの使い方をご紹介していきましょう!

・空港のチェックインや搭乗券の管理
・映画やコンサートの入場や座席チェック
・クーポン・ギフトカード・ポイントカードの管理
・お買い物時の支払い

こんなにもたくさんのシーンでiPhoneの「Wallet」が活用できるんです! そんなWalletを使うには、iPhoneに特別な設定等の方法は何も必要ありません。

iPhoneの「Wallet」に対応しているチケットやクーポンを発行指定サイトで登録を行えばいいだけなんです。

まず一番有難いのが「ポイントカード」の項目等に共通する、紛失や荷物を減らす事が出来る事。搭乗券がチケットレスになる事で、忘れてきたり、紛失のリスクを大幅に減らす事が出来ます。

ポイントカードやショップカード、クーポンなんて、持ち歩くとお財布がすぐパンパンになっちゃいますよね。クーポンに至っては、ありすぎて訳が分からないとか……そんな事ありませんか?

こんな時iPhoneの「Wallet」があれば、iPhone一つあるだけで、さっと必要な時に使う事が出来るというわけです。

ますます便利なのが、飛行機の搭乗券の場合、Walletを使用していれば、搭乗予定の航空便に欠航があったり、出発時刻・搭乗ゲートの変更があった時、Walletのアラート機能が自動的に情報をキャッチして、教えてくれるんです。これはものすごーーーくありがたい機能ですよね。

このように自動的に情報を取得したい場合は、iPhoneの「設定」→「通知」→「Wallet」の順にタップ。「ダイアログ」か「バナー」通知をオンにしまておけばOKです。

届いたパスをタップすると、そのパスの詳細が表示されます。その画面では下記の操作が可能です。

・パスの削除
・パスの共有
・下方向に引っ張ると、パスの更新が
・パスに関連したAppを起動したり、インストールする事が出来る
・「自動アップデート」オン/オフの切り替え
・「ロック画面に候補を表示」オン/オフの切り替え
・Apple Pay対応したパスの「自動選択」のオン/オフの切り替え

パスの順番を並べ替える事で、デフォルトの決済方法を変更する事も可能です。

Wallet内で、クレジットカードやデビットカードの前面にカードをドラッグしましょう。

すると、今、前面に持ってきたカードが、今後「Apple Pay」でデフォルトで使うカードとして登録されます。

ポイントカードやクレジットカードに対して「自動選択」をオンにしておけば、ショップにレジ横等に設置されている非接触型リーダーににiPhoneを近づけてTouch IDで指紋認証する事で、持っているパスを使用する事が可能となります。次からクレジットカードの設定等、もっと詳しくご説明いたします。

どんなクーポンがある? クレジット以外の支払い方法は?

各ショップのクーポンというと、一番大きいのはローソンのLoppiでしょうか? Loppiで読み込めるクーポンが多数用意されています。

その他にも、TSUTAYAやぐるなび、ホットペッパーグルメ、グルーポン等の大手クーポンサイトが、iPhoneの「Wallet」に対応しています。

誰もが1つぐらいは知っているクーポンサイトが対応しているとなれば、使い勝手もぐんと向上しますね。

クレジット機能が……と支払いに使える利便性を語っても、クレジットカードをお持ちでない方もいらっしゃいますよね。

このiPhoneの「Wallet」機能……なんとデビットカードにも対応しているんです! これなら、その場で銀行口座から引き落とし……なんて事もできるので安心してお買い物ができますね。

iPhoneの「Wallet」を活用しよう!

まだまだ対応していないショップやサービスが多いのも事実ですが、iPhoneの普及率を考えるとこれからどんどん増えていきそうですね。

「Square」というクレジットカードリーダーをスマホやタブレットに接続すると、決済が可能となるサービスと連携していたりと、普及する布石がたくさんあるんです!

今から使い方をチェックしておきたいですね。

iPhoneの画面上でアプリをグループ化して綺麗にまとめよう

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る