注意!iPhoneが発熱し出した時の対処法とは?

注意!iPhoneが発熱し出した時の対処法とは?

iPhoneが熱くなる事案発生

iPhoneを使っていると、なにやらiPhone本体がやけに熱い……なんて事ありませんか? あまりにもiPhoneが熱いという状態が続くと、デメリットも多くなっていきます。

下手したら火傷してしまうんじゃないか……なんて不安も出てきますし。iPhoneが発熱し過ぎて故障してしまうかもなんて思うと、怖いですよね。

そこで今日は、iPhoneが熱くなる原因や、その理由について調べてみたいと思います!

iPhoneが熱い! その原因は?

まず、どうしてiPhone本体が熱くなるのかから考えてみましょう。

・直射日光が、iPhoneに当たっている
・iPhoneのカバー
・室温が高い場所でiPhoneを充電している
・iPhoneを充電中に、ゲーム等の操作をしている
・プログラムのエラー

この5つが原因の大半を占めるようです。もちろん他にも原因はあるようですが、まずはこの5つの理由と、対処法を次の項目でご紹介してみましょう。

原因別の対処法

それでは上記に当てはまる原因別の対処法を見ていきましょう。

1. 直射日光が、iPhoneに当たっている

これは読んで字のごとくですね。

屋外や窓際等、iPhoneに直射日光が当たっていると、iPhoneにも影響を与えます。

ずっと放置しておくだけでも、iPhone本体は相当熱い状態になる事でしょう。しかもその状況で、iPhoneを使用するとなると、ますます本体は熱いと感じるかもしれません。

あまり直射日光が当たる場所でのiPhoneの使用は控える事をおススメします。

2. iPhoneのカバー

これ、気づく方は少ないかもしれませんね。

iPhoneのカバーによっては、放熱しにくくなって、iPhoneが熱いままになってしまう事も多いんです。

大切なiPhoneを守るために、しっかりとしたカバーにした挙句、熱いままになってしまう……そのせいでiPhoneの動作が不安定になったり、調子が悪いなんて事になったら元も子もありません。

あまりにも熱い状態が続くようであれば、カバーを疑ってみるのもありかも知れません。また、iPhoneが熱いと思ったら、カバーを外す事で、簡易的ではありますが、熱を逃がす事も出来ますね。

3. 室温が高い場所でiPhoneを充電している

これは1の原因にも通じますね。

暖房の利いた室内や、日差しが良く入る室内等では、温度が上がるため、当然iPhoneも熱い状態になります。ましてやそんな室温の高い場所で、iPhoneを充電すれば……結果は考えなくても分かりますね。

iPhoneが、熱い状態を続けないで良い場所での充電を、おススメします!

4. iPhoneを充電中に、ゲーム等の操作をしている

ゲームのみならず、長い時間iPhoneで通話していても、本体が熱くなっていると感じませんか?

そんな状態で、iPhoneを充電するとなると、バッテリーへの負荷が半端ない状態となります。それで、iPhoneが熱いと感じる状態になるのです。

充電してiPhoneに負荷がかかっている状態で、iPhoneを使用するとCPUも一緒に動いてさらに負荷をかけます。そのせいでiPhoneが熱いと感じるのです。

出来るだけ、iPhoneを充電している時に、iPhoneを使いすぎないよう注意しましょう。

5. プログラムのエラー

iPhoneが熱いのはプログラムのエラーです! ……なんて言われてもよく分かりませんよね。

iPhoneが熱い状態になる理由が見つからない時は、これを疑うのもありです。

使用していないアプリがずっとバックグラウンドで処理されている状態だったら……? こんな時は、iPhoneの電源を落として、再起動し、メモリをリセットしてあげましょう!

知らないうちにずーっと使いっぱなしってのも怖いですよね。寝てる間に充電をしていたはずが、ずっと動いているとか想像するだけでも怖いですね。

iPhoneが熱いとどうなるの?

よくあるのが、電源やたら落ちる。

そして再起動してみても起動しにくい……なんて現象も起こるようです。iPhoneは精密機器なので、熱い状態は危険だと言う事を理解しておきましょう。

あまりにも熱い状態のiPhoneを放置しておくと、バッテリーの消耗が早くなったり、いきなり画面が真っ暗になって起動しなくなったり……酷い場合は、iPhoneを修理すると言う可能性まで出てきます。

熱い状態を放置したせいで買い換え……なんて事にならないよう、注意しましょう。

くれぐれも「冷蔵庫に入れる」とかはしないでくださいね(汗)保冷剤をくっつけると言う荒業もよく見かけますが、iPhoneは「水」にも弱いのをお忘れなく。保冷材も時間が経つと、水滴が出てiPhoneが危険にさらされるかもしれません。

注意!iPhoneが発熱し出した時の対処法とは?まとめ

iPhoneが熱いと感じたら、一番にやってほしいのは「電源を切る」事です、もちろん再起動も良いのですが、ちょっとiPhoneを休ませてあげるほうが良いかもしれません。

電源を切る(または再起動する)前に、バックグラウンドで動いているアプリを全て終了させるのもお忘れなく!

ホーム画面で、ホームボタンを素早く2回タップ! すると動いているタスクが一覧で出ますので、全て終了させましょう。

それでもiPhoneが熱いまま……なんて状態な時は、急いでAppleのサポートに連絡しましょう! iPhoneが熱い状態を絶対に放置しないでくださいね。

iPhoneアプリ・iPadアプリの前後記事

omochi
この記事のライター 『omochi』

Applision編集長のomochiです。
「注意!iPhoneが発熱し出した時の対処法とは?」記事は満足いただけましたか?
他にも人気のまとめ・説明書 使い方・お悩みを多数おすすめしています。 是非、Google+やtwitter、facebookでフォローお願いします!

合わせて読みたい!関連記事のご紹介