トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneのメッセージが送れない原因まとめ
iPhoneのメッセージが送れない原因まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneのメッセージが送れない原因まとめ

iphoneでメッセージが送れない時の対処法

iPhoneのメッセージが送れない原因まとめ

iPhoneに標準で入っているメッセージアプリは、電話番号を宛先にしてテキストのやりとりを行う「SMS」と、キャリアメールの仕組みを利用してやりとりを行う「MMS」、iOS端末同士の独自の「iMessage」があります。

※契約しているキャリアがdocomoの場合「MMS」は利用できません。

MMSの送受信ができない場合

次のことを1つずつ確認して原因を見つけてみましょう。

・「設定」>「モバイルデータ通信」をオンにしましょう。
・「設定」>「メッセージ」>「MMSメッセージ」をオンにしましょう。
・添付ファイルの容量が大きすぎると送受信できないことがあります。添付ファイルを削除して再送信してみてください。
・他社の携帯電話番号宛にMMSを送信していないか確認してみてください。auからsoftbank、softbankからauのiphoneにはメッセージを送信できません。
・一定時間に大量のメールを送信している場合には、メール送信件数の制限がかかっている可能性があります。24時間あけてから送信してみてください。
・相手側が着信拒否やブロックをしている場合には送信できません。
・グループメッセージを送信する際には「設定」>「メッセージ」の順にタップして、グループメッセージをオンにしておきましょう。
・メッセージの横に赤いビックリマークがついている場合は、受信者がメッセージを受け取れなかった場合を表しています。もういちど送信するにはビックリマークをタップします。

特定の条件場合のみSMSが送信できない時の、確認項目と対処法について、次から詳しく説明します。

他社の携帯電話番号宛のみSMSが送信できない場合

次の条件を満たしているかということを確認してください。

・最初に表示されるホーム画面のメッセージアイコンからの送信
・電話番号宛で宛先が一件のみになっている
・件名や写真などの添付がなく本文のみ
・本文の文字数が70文字以内

上の4つの条件を満たしているにも関わらず改善しない場合は以下の原因が考えられます。

・入力欄には「SMS/MMS」と表示されていて、吹き出しが緑色の場合
送信はできていて、相手に届いていない場合には、相手側の設定に問題がある可能性があります。

・入力欄に「iMessage」と表示されて、吹き出しが青色の場合
相手側がiMessageが受信できない機種やガラケー、または無効にしている可能性があります。

iOS8からはメッセージで音声や動画を送ることができるようになりましたが、音声や動画の容量が大きすぎると送信できない場合があるようなので、容量を小さくして再送信してみてください。

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る