こんにちは!Applision編集部の新人デルタです!

大人気スマートフォンアプリ「グランブルーファンタジー」に関して、シヴァ・火マグナの理想装備についてご紹介していきたいと思います。

今回は2018年1月に火属性有利の古戦場が開始されるので、それに向けての考察になります。

※古戦場に向けての考察なので、普段は必要のない装備も含まれている場合がありますので、ご了承下さい。

アグニスの理想編成の記事はコチラ
【グラブル】2018年1月開始の古戦場に向けて火属性の理想装備(アグニス編)

古戦場ボス「ケツァルカトル」の行動パターンはコチラ
【グラブル】古戦場HELL90「ケツァルカトル」行動パターン攻略

2月開催の闇古戦場の理想編成
【グラブル】2018年2月開始の古戦場に向けて闇属性の理想装備(ハデス編)

シヴァ・コロマグの理想装備

前回も述べたとおりですが、比較的簡単に揃えることができるのが火属性武器の特徴。

アグニス編成では課金武器が理想編成では必須でしたが、シヴァ火マグナ編成ではそこまで必要ではありません。ベネディーアの第2スキルもアグニスだと恩恵がありましたが、今回の編成では大きく恩恵を得ることができないので理想編成からは外しました。

また今回の考察でも「グラブル装備シュミレータ」様を利用させていただいてます。

参考:グラブル装備シュミレータ

シヴァ・火マグナ編成の装備内訳とオススメ武器

左がシヴァ×シヴァ編成で右が火マグナ×シヴァ装備の理想編成となっています。

前回のアグニス編成ではHP確保のためにオメガ武器を無理やり組み込んだ形になりましたが、今回のシヴァと火マグナに関しては必須と言えるレベルですので、無垢剣でもいいのでアルティメットバハムートのノーマルをマルチで周回して無垢剣を作成しておくことをオススメします。

グラブル シヴァ×シヴァ理想編成

グラブル シヴァ×コロマグ理想編成

装備の必要本数

マグナ×属性の理想編成と言われている武器の本数は以下のようになっています

通常攻刃
1本
方陣攻刃
4本
EX攻刃
3本
バハムート
1本
天司
1本

火マグナ編成はコロ杖を集めていくのが必須となっています。コロ杖は毎日のノルマをこなしていけば比較的簡単に揃えることができますので、毎日の周回は忘れないようにしましょう。

また、今回はオールド・エッケザックス(オッケ)を理想編成から抜いています。

理由としては、オッケ3凸が完成してやっと有利属性で4凸コロ杖を上回ることができますが、1本入れた所で10%のクリティカル発動率UPは安定することもなく、さらに背水が乗っていない序盤などのことを考えると、状況でダメージがブレない4凸コロ杖のほうが、安定してバトルを進めることができるからです。

もちろんオッケを5本染めの編成だと、片面コロマグの場合でもクリティカル発動率が50%と安定しているので高ダメージにも期待できます。

属性×属性の理想編成と言われている武器の本数は以下のようになっています

通常攻刃
1本
方陣攻刃
3本
EX攻刃
4本
バハムート
1本
天司
1本

方陣攻刃の本数が減り、EX攻刃が1本入ってきます。

シヴァ・シヴァだと開幕から高ダメージを叩き出すことができるので、背水が乗るまでは効果を発揮できないアグニス編成と比べるとかなり安定してダメージを出すことができます。ですが、そのためにはゼノイフ斧が4本必須となっており、なかなか現実的ではありませんが、EX枠をゼノイフ斧2本と薔薇武器にしてもかなり強いです。

全部の装備が無課金で手に入るので敷居は低いですが、やはりゼノイフ斧のイベントがやってこない限りはダメージの底上げが厳しいのが現状です。もしイベントの復刻がされたときは、ゼノイフ斧を4本4凸を目指すことをオススメします。

属性・マグナ編成で用意しておきたい武器

コロッサスケーン・マグナ

コロッサスケーン・マグナ

『方陣攻刃II』となっており、とにかく攻撃力がダントツに低いのに理想編成には必須という可哀想な武器。
マグナ強化の話題もありますし、ここは今後の発表に期待したいところなので集めておいて損はないでしょう。
とにかく4凸をさせないとダメージは出せないので、面倒だからといってサボることはないように。

無垢・オメガ武器

オメガ剣

属性・マグナ編成をするのであれば必須とも必須の装備。

得意武器縛りとデメリットは大きいですが、グラブルの現状は剣属性のキャラクターが多いので無垢剣、オメガスウォードを作っておけば問題なしでしょう。
もちろんスキルには連撃率をアップするものを選択するようにしましょう。

オールド・エッケザックス

オールド・エッケザックス

『機炎方陣・刹那』+『機炎方陣・背水』と無課金コロマグ騎空士様にはありがたい装備。

エッケザックスに比べると優秀過ぎるオールド・エッケザックス(オッケ)。3凸をさせた時点で4凸のコロ杖を有利属性であれば大きく超えることができます。またクリティカルや背水の効果も乗ってくるとかなりのダメージソースになります。

さらに方陣技巧武器のクリティカル率は合算される特徴を持っているので、本数が増えれば増えるほど発動率が上昇していきます。7本編成に組み込んだときのコロマグ×コロマグ編成だとクリティカル発動率は100%となっておりますが、技巧は有利属性のみに発動するスキルなので、過信のしすぎに気をつけましょう。

ファイア・オブ・プロメテウス

ファイア・オブ・プロメテウス

『攻刃(大)』+『攻刃(中)』+『二手(中)』と非の打ち所がないスキルを持つプロメテウス杖。メリットが大きいですが、デメリットとして『毎ターン全体のHPが5%減る』という仕様です。

オッケを中心にした編成であれば、技巧以外にも背水のスキルがかかっているので、必須になることは間違いなしです。ですが、長期戦を想定している場合はHP管理が難しくなってくるので編成から外れることも。

新・灼滅天の刃鎌

新・灼滅天の刃鎌

一般的にはイフ斧と呼ばれており、イベント「ゼノ・イフリート討伐戦」で入手することができる無課金武器です。

通常攻刃・方陣攻刃とは別枠での計算となっているEX攻刃枠となっており、効果量が「特大」と高いので方陣枠より優先されて装備されています。

またメイン武器として装備するで奥義発動をした際に全体のDA/TAアップをしてくれる優秀な装備。ベルセルクのスキル「ウェポンバースト」を使用することで、1ターン目から発動することができるので相性は抜群です。

ソード・オブ・ミカエル

ソード・オブ・ミカエル

『ミカエルの祝福II』+『神威(小)』の火属性のセラフィックウェポン。

有利属性では必須級でダメージを1.2倍にしてくれます。
これは神石・マグナ編成でも理想に入り、いつ、どのタイミングでも入手することができるので、初心者の方は優先的に入手することをオススメします。

朱雀光剣

朱雀光剣

入手が簡単な攻刃IIであり、現在開催中(2018年1月15日時点)の四像イベントで入手可能となっています。
編成枠が整ってない間であれば有効な通常攻刃となっています。

また上限解放で朱雀光剣・邪にすることで、ダメージの上限を上げることができるので、上限付近のダメージを出せる編成であれば組み込む価値はあります。

まとめ

属性・火マグナ編成は無課金でも十分は火力を確保することができます。これも全て140%石(シヴァ系)のおかげですね・・・。

YouTubeなどでシヴァ×シヴァ編成やシヴァ×コロマグ編成などの動画を見ていると、かなりの高ダメージを安定して出しており、「別にアグニスじゃなくてもいいじゃん」と思わされるようなものが多いのも事実。

神石が強いと言われていますがアグニスに関してはそうでもないので、持っていない人はシヴァ×火マグナを極めていくことをオススメします。

アグニスの理想編成の記事はコチラ
【グラブル】2018年1月開始の古戦場に向けて火属性の理想装備(アグニス編)

タグ一覧