こんにちは!Applisionです!

今回は、様々な形式のファイルをアプリ内で管理する「Clipbox」を紹介します。

iPhoneはセキュリティがしっかりしている反面、他の端末のように文書ファイルや動画ファイルを扱いづらいですよね。

このアプリはそんな「困った」を解決してくれるアプリです。

以降で詳しく紹介していきます。

Clipboxってどんなアプリ?

ファイルを一覧で管理!

clipbox①

clipbox②

Clipboxは、様々な形式のファイルをアプリ内のローカルに保存し、好きな時に閲覧することができるアプリです。

対応している形式は以下のとおりです。

・word、excel、pdfなどの文書ファイル
・写真などの画像ファイル
・zip、rarの圧縮ファイル
・動画ファイル
・音楽ファイル

iPhoneを使っている時に、文書ファイルなどをiPhone内に保存し、好きな時に開いたりというのがなかなか面倒だったり、やり方がわからないという方もいると思います。

そういったファイルを開く際には、専用のビューワーをダウンロードする必要があったり、そもそもパソコンに移す必要があったりと、手間がかかってしまうことが多いです。

このアプリでは、そういったiPhoneで開きにくいファイルなど全てを含めて管理できる素晴らしいアプリです。

また大きなメリットとしては、端末上に保存することで閲覧時に通信料がかからないことがあげられます。

インターネット上のファイルを閲覧する際は、毎回通信料がかかってしまうので、通信制限の苦しみを味わっているそんな方に、Clipboxはオススメのアプリです。

「クリップ機能」とは?

clipbox③

Clipboxには、「クリップ機能」が存在します。

これは、WebブラウザもしくはURLを直接指定することで、指定したファイルをローカルにダウンロードすることができる機能です。

この機能を利用して、Web上にある文書ファイルや、動画ファイルをiPhone内に保存し、いつでも見ることが可能となります。

★著作権法に違反して違法にアップロードされたコンテンツをダウンロードして端末に保存することも違法となりますので、端末にダウンロードする際は、違法コンテンツでないことをしっかりと確認してからダウンロードするようにしましょう。


まだまだ便利な機能をご紹介しています!

タグ一覧