目次

iOS8遂にダウンロード開始!

2014年9月18日追記
iOS8が遂にダウンロード開始!
iPhone4s以降の機種であれば、本日からソフトウェアアップデートからインストール可能です。

iPhone5sでは現在のところ、問題なくサクサク軽快に動作している模様!
但し、どんなバグがあるかわかりませんので、心配な方はもう少し待ったほうが良いかもしれませんね。

iOS8の機能情報はこちら

iOS8アップデートで想定されるバグ

・アプリが起動しなくなる、またはアプリで不具合が起きる
iOS8に対応していないアプリであれば、不具合が出てもおかしくありません。
LINEでの画像送信バグが既に発見されています。
あなたが使っているアプリがiOS8に対応しているかどうかは、事前にチェックしておくべきですね。
iPhone4sでもったりしてしまう?
iPhone4s自体は、iOS8にアップデートしても問題ないことが公式で発表されていますが、画像や動画を沢山iPhoneに保存している方は、やっぱりもっさりすることが予想できますね。

容量不足でアップデート出来ない人は、iPhoneの容量不足でアップデートできない時の対策まとめをご覧ください。

iOS8アップデートは、リスクを追ってでも早く使ってみたいと思う人以外は、もうしばらく様子を見てみるのがベストかもしてません。
アプリのiOS8対応は、時期に全て解消される問題ではありますが…。

iOS8の機能情報はこちら

iPhone6は9月19日発売!

  • iPhone6発売日は9月19日、気になる機能公開!

2014年9月10日02:00よりアップルより公式に発表されたiPhone6情報を公開します!
早期から噂されていた通り、iPhone6の発売日は9月19日となりました!

iPhone6:4.7インチモデルと、iPhonr6plus:5.5インチモデルの2つが登場!
現在の4インチから画面サイズが大きく拡大されることになります。

iPhone6とiPhone6プラスの価格は?

iPhone6
・16GB:67,800円(税込:73,224円)
・64GB:79,800円(税込:86,184円)
・128GB:89,800円(税込:96,984円)

iPhone6プラス
・16GB:79,800円(税込:86,184円)
・64GB:89,800円(税込:96,984円)
・128GB:99,800円(税込:107,784円)

iPhone6のスペック、向上した機能

処理速度も25%も早くなったと解説、さらに電池の持ち時間は80時間と現行モデルの2倍!!

さらに、簡単決済を可能にする「アップルペイ」が導入されたぞ!
無線通信でクレジットカード支払いが可能だ。

・iPhone6
高さ:138.1mm
幅:67.0mm
厚さ:6.9mm
重量:129g
解像度:1334×750
CPU:A8
カラー:3色(シルバー、ゴールド、スペースグレイ)
容量:16GB、32GB、128GB
カメラ:新しい8メガピクセルiSightカメラ
ビデオ:1080p HDビデオ撮影(30fps、60fps)
・iPhone6 plus
高さ:158.1mm
幅:77.8mm
厚さ:7.1mm
重量:172g
解像度:1920×1080
CPU:A8
カラー:3色(シルバー、ゴールド、スペースグレイ)
容量:16GB、32GB、128GB
カメラ:新しい8メガピクセルiSightカメラ(光学式手ブレ補正)
ビデオ:1080p HDビデオ撮影(30fps、60fps)

参照:アプリ学園

7月度iPhone6最新情報!

※2014年7月22日加筆修正

iPhone6のカメラ画素数は1300万画素!

iPhone6の背面カメラ(iSight)は、1300万画素になる噂です!
なんと動画も4K解像度で撮影可能とのこと。

4K解像度とは、横4,000×縦2,000前後の解像度に対応した映像に対する総称で、フルHD(1920×1080)の4倍の解像度を誇ります。

iPhone6が発売された際には、大きなビデオカメラで子供の運動会を撮影するシーンが無くなると言えますね!

5.5インチiPhone6の発売は来年延期……

少し大きいサイズで話題の5.5インチiPhone6が残念ながら今年度中の発売が間に合わないとのリーク情報。
5.5インチで使用するサファイアガラスやその他部品製造の供給がうまくいっていない事が原因のようで、企業努力があったとしても4.7インチモデルとは1ヶ月以上の発売日の差が生まれる様です。
※ただし、サファイアガラス非搭載の5.5インチモデルiPhone6が存在し、こちらは4.7インチモデルと同時発売が予想されています!

iOS8の機能情報

※2014年6月3日加筆修正

2014年6月3日日本時間2:00より開幕されたアップル「WWDC14」の基調講演ですが、iPhone6の製品発表は行われませんでした。
ここでは、iPhone6に関与し、WWDC14でも注目されたiOS8についてまとめておきます。
iOS8は秋に一般公開、iPhone4s以降のモデルでアップデート可能になります。

ios8

・HomeKit(ホームキット)機能
こちらはiPhoneを通して家電を操作できるようにする機能。
電気のON・OFFはSiriに「消して!」と言えば消えるという未来的な操作性を実現します。

・HealthKit(ヘルスキット)機能
こちらは、iPhoneで簡単に健康管理できるようにする機能。
各企業がリリースしているフィットネス系アプリなどの情報を集約して、一元管理するといったことが可能です。

・通知センター機能が強化
プッシュ通知が溜まるアーカイブですが、facebookなどに届いたメッセージを通知センターから直接返信することが出来るようになります。
ウィジェットの追加も可能となり、速報をいち早く確認できるようになりそうです。

・外部キーボードが使える!
AtokやGoogle日本語入力など外部キーボード入力サービスを使用できるようになります。

・Tap to Talk(タップトゥトーク)機能
短い音声や動画を撮影して、そのまま添付することができる機能です。

・Siriの強化
Siriも強化され、今流れている曲を聴かせると曲名を教えてくれるなど大きく強化されます。

iOS8のリリースを楽しみに待ちましょう!

iPhone6発売予定日

※2014年6月2日加筆修正

4.7インチと5.5インチの異なるディズプレイサイズで発売されることが決まっているiPhone6ですが、発売日の噂がどんどん飛び交っています!
これまで、iPhone5や5sが9月に発売されたことからも、9月発売濃厚との声が高まっております。

そんな中、ドイツの情報(噂)サイトから有力な情報が舞い込みました!
iPhone6の4.7インチ発売日が9月19日(金)になる!と発表しました。

当然Appleの公式発表ではありませんが、これまでの発売時期やiPhone6の各パーツ生産の勢いなどから考えると予想としては濃厚な気がしています!

iPhone6の発売予定日もうひとつの予想!
4.7インチディスプレイモデルは8月、5.5インチディスプレイモデルは9月発売予定との噂もあります!

※2014年5月加筆修正

iPhone6は、4.7インチディスプレイモデルと、5.5インチディスプレイモデルの2つに分けてリリースされる予想です。
デザインは、ほぼ縁(フチ)がないフラットなデザインで、大画面のスクリーンが搭載されるようです。
発売予定日は7月?または9月?と予想されていてますが、4.7インチモデルと5.5インチモデルは別々に発売される予定ではという話が濃厚のようです。

すでにsharpやジャパンディスプレイ、LGなどが製作を開始しているようで、発売が待ち遠しい限りです!

iPhone6にtouch IDの搭載は確実!

iPhone6にtouch IDの搭載は確実のようです。
台湾の会社によって、iPhone 6、iPad Air 2、iPad Mini 3に使用される指紋認証センサーTouch IDの出荷がすでに始まったという情報です。
iOS7.1.1のバージョンアップによって、touch IDの機能が向上したことにより、
Touch IDによるスムーズな決済フローなどTouch IDを使ったさらなる機能の向上が楽しみです。

iPhone6は1万円値上げか!?

アップルによって、iPhoneを販売している各会社に対して、iPhone6の値上げ交渉が始まったようです。
予想ではiPhone6は1万円ほど値上げするとのことです。
高機能化が進むiPhoneですから、値上げも仕方がないことかもしれませんね

画像引用:http://www.emediaworld.com/

※2013年12月の情報

早すぎる!そんな声が聞こえてもおかしくないリリース予想が飛び込んできています!
iPhone5sが発売して間もない中、なんとiPhone6の発売日が2014年5月頃になるのではないかと予測されています。
レポート元は。米投資会社パイパー・ジェフリーやサスケハナ・フィナンシャル・グループのアナリストら。

iPhone6は4.9インチのディスプレイを搭載か

iPhone6には、4.9インチディスプレイが搭載される見込みが濃厚。
iPhone5によって、従来のiPhone4sよりも大きい4インチディスプレイが搭載され、今回はさらに大きな4.9インチディスプレイモデルがリリースされるようだ。
ユーザーの好みが大きな画面サイズの端末に向いていることも注目したい。
ファブレットと呼ばれるスマートフォンとタブレット端末のちょうど間くらいのサイズの端末を差すようだ。
iPhone6がこのブームに乗っかるのかどうかは不明だが、Appleのコンセプト「片手で操作できる」という点から考えると、端末の巨大化が避けられない5インチ以上のディスプレイの搭載はまずないと見られている。

iPhone6では曲面ディスプレイの採用はなし!

さらに、iPhone6では一時期噂されていた「曲面ディスプレイ」の採用はないと見られています。
曲面ディスプレイの生産上の問題があると報じられていて、2014年での安定供給は難しいというのが大きな理由のようです。

iPhone5sがリリースされる前も「夏には出る」とのうわさが立ったことを考えると、今回も話半分で聞いておくとよいのかもしれませんね