一部のiPhone Xで通話を終了できない、アプリが終了できないと問題が発生

一部のiPhone Xに「通話中にiPhone Xがフリーズして、通話を終了できない」「アプリの終了ができなくなる」といった問題が発生しているようだ。

どういった状況でフリーズするのか、そのパターンを以下に掲載している。もし自身のiPhone Xで同じような不具合が出た場合だが、残念ながらまだAppleから公式な発表は出ていない。

iPhone Xの不具合を起こすパターン

1. 通話中にフリーズするパターン

アップルはiPhone Xで着信した電話がとれない問題について現在のところ「調査中」という回答を出してる。その一方で今度は「通話の終了ができない」と訴えるユーザーの声が、アップルのコミュニティやツイッターに掲載されている状況だ。

不具合の原因はセンサーとソフトウェアの双方にあるようだが、通話後に端末を耳から離しても、画面が元に戻らないケースもあげられている。また、別のユーザーはハンズフリーで通話した際に、赤いボタンがフリーズし、自分からは電話が切れなくなると述べている。

2. 緊急通話に誤発信した通話が終了できない

iPhone Xではサイドボタンと音量調整ボタンの片方を長押しすると、緊急通話の発信ができる仕様だが、この機能でうっかり緊急通話を発信してしまい、通話を終了できなくなる事例が報告されている。

ツイッター上に「間違って112の緊急サービスに発信してしまい、ごめんなさい。通話を切って下さい。自分では切れないので、と伝えるはめになった」と報告。
また別のユーザーは「今日iPhone Xを買ってきたばかりだが、1時間で2回も911に誤発信してしまい、通話を切れなかった」と投稿した。

3. 通話中にアプリが終了できない

iPhone Xで通話中にアプリの終了ができないという問題も報告されており、アップルの公式ツイッターアカウントに対し、ツイートで問題を伝えた利用者らに、アップルは個別にDMで現在対応を行っている。

この騒動に対してAppleがどう対応してくるのかはまだ現時点では不明。緊急アップデートなどがくるのか、それとも2月待つのiOS11.3で対応するのか、いまのところは不明だ。

タグ一覧