トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで位置情報をオンにする事のメリット・デメリット
iPhoneで位置情報をオンにする事のメリット・デメリット
更新
まとめ・説明書

iPhoneで位置情報をオンにする事のメリット・デメリット

iPhoneで位置情報をオンにする事のメリット・デメリット

iPhoneの「位置情報機能」は必要か?

こんにちわ! Applisionです! iPhoneでもとかく使用頻度の高い「位置情報」機能。事あるごとに、iPhoneの仕様マニュアルにも登場しますね。

アプリでもよく使用されるこの位置情報機能。本当に必要なのでしょうか? 実は、無駄に使っているのではないでしょうか?

そこで今回は、iPhoneで位置情報機能をオンにする事についての、メリット・デメリットについてお話ししてみましょう。

iPhoneの位置情報をオンにするメリット

まずは、iPhoneの位置情報をオンにするとどうなるのか、そのメリットについてあげてみましょう。

・地図アプリ等で、自分の現在地を確認する事が出来る

地図アプリを開くと大抵は、今あなたがいる現在地を指示しているはずです。それこそが、iPhoneの位置情報機能をオンにしておけばこそなんです。

行き先を調べるときに、今自分がどこにいるか速やかに分かると、とても便利ですよね。また、今あなたがいる現在地を、相手に知らせる事も可能なんです。

・待ち合わせ場所が分かりにくい時なんかにも、重宝しそうですね!

SNSやLINE等で位置情報を個別に連絡出すれば、初めて会う人との約束に有効活用できますね!

位置情報と連携しているゲームが楽しめる

iPhoneで遊べるゲームアプリの中には、位置情報をオンにする事で、さらに楽しめるものが多数存在します。物によっては、位置情報をオンにしておかないと遊ぶ楽しさが半減してしまうものも。

ゲームアプリの初回起動時に「位置情報サービスをONにしますか?」等のメッセージが表示された事はありませんか? まさにそれが、位置情報をオンにしてiPhoneで遊べるゲームというわけです。

最近ではゲームだけではなく、大手企業の店舗検索等にも位置情報機能が活用されています。あなたが今いる現在地の位置情報から、

・最寄りのショップの情報やセールの案内が届いたりと、活用の幅は日々拡大しています

転ばぬ先の杖。「iPhoneを探す」

iPhoneを紛失したり、盗難にあった際、位置情報をオンにしてあれば「iPhoneを探す」のサービスを使用する事が出来ます。

置き忘れてきたのか、家の中にあるのか。

・そんな単純な時でも、この位置情報の機能をオンにしてあれば、容易に見つける事が出来るかもしれません

盗難にあっている場合も、今iPhoneがどこにあるか過去にさかのぼって、その足取りを追う事が可能です。

iPhoneの位置情報は、オンにしておくと、このようなメリットがあるんです。次から、デメリットについて説明します。

iPhoneの位置情報をオンにするデメリット

では、具体的なデメリットについて、考えて行きましょう。

バッテリーの消費が早い

おそらく、位置情報サービスについて、一番周知されているデメリットがこれではないでしょうか?

位置情報機能をオンにしているだけで、iPhoneのバッテリーはどんどん消費されてしまいます。なので、位置情報を使用しなくていい場合や、電池の消耗が激しいなと感じる時、iPhoneの電池が残りわずかで節約したい場合……こんな時は、一時的でも構いませんので、位置情報をオンからオフに切り替えておきましょう。

個人情報が漏えいされる可能性がある

カメラアプリで設定をしていないと、撮影した写真の中に、位置情報のデータが書き込まれてしまう事があります。

iPhoneや携帯電話が普及し始めたころは、この状態がデフォルトになっていた為・、知らないまま個人情報を自ら漏えいさせてしまっていた……なんて事もありました。

プライバシー保護の関係で、最近は写真アプリの位置情報の設定は、デフォルトではオンになっていない事が多いようです。

しかし、やはり最近でも、SNSでも位置情報と連携しているものも多く、発信したメッセージと一緒にうっかり住所が流れてしまう……なんて事もあります。

・自身が使用しているアプリ、SNSの設定を一度見直しておきましょう

iPhoneの位置情報はオンにすべき? オフにすべき?

iPhoneの位置情報をオンにするメリット・デメリットをご紹介してみました。それぞれに便利な部分と不便な部分があるのがよくわかりますね。

・メリットはデメリット、デメリットはメリットでもあります

上手にコントロールしたり、オン/オフの切り替えを適正に行う事で、iPhoneを大変便利に活用する事が出来るんです。

位置情報のオン/オフに切り替える設定も簡単ですので、一緒に覚えておいてください!

iPhoneの「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」

ここを開くと、一番上に「位置情報サービス」という文字があり、その右側にオン/オフを切り替える事が出来るボタンがあります。

位置情報を許可する場合はオンにしておけばいいですし、使わない・一時的にオフにする場合も、タップひとつで変更が可能です。

また同じ画面で、もう少し下のほうにスクロールしていくと、いろいろなアプリが一覧で並んでいるのが分かりますね。ここで、アプリごとに位置情報を共有するか、共有しないかの設定を、個別に行う事が出来ます。

・写真アプリが位置情報を共有しているかどうかも、一目瞭然

個別にアプリの位置情報共有の設定を変更したい場合は、アプリの名前が書かれた右側の部分をタップしましょう。

・許可しない
・このAppの使用中のみ許可
・常に許可

個別にはこの3通りの設定が可能です。天気予報やニュース等のアプリだと「常に許可」でないと困りますよね。しかし地図アプリ等は、必要な時だけでいいはずなので「このAppの使用中のみ許可」とすれば、バッテリーの消費も抑える事が出来ます。

不要なのであれば、カメラアプリは「許可しない」としておけば、プライバシーを守る事が出来ますね。

・上手にオンオフを切り替える事が、重要なんです

まとめ

iPhoneの位置情報をオンにしておく事の、メリット・デメリット。

個人情報が漏えいするのが怖い! と慎重になるのはよくわかりますが、オンにしたからと言って、絶対に漏えいするわけではないんです。

今回ご紹介した方法で、うまく管理して、位置情報を活用してくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る