iPhoneの動画サイズを小さくする設定方法

iPhoneのムービーを小さくリサイズ!

こんにちは! Applisionです! iPhoneで撮影した動画サイズを小さくする方法をご存知ですか?

そもそも、なぜiPhoneで撮影した動画のサイズを小さくする必要があるのでしょう。

iPhoneの動画サイズは、何も設定せずにどんどん保存していると、iPhoneの容量を大変食ってしまうんですね。

長時間撮影した動画ともなると、それなりのサイズになります。そんな大きなサイズの動画を何も考えずにお友だちのiPhoneへ送ってしまったら……。

動画のサイズデータが大きすぎると警告が出る場合もありますが、そのまま送れてしまう事もあります。

しかし、大容量のサイズの動画を転送するという事は、速度制限に一発で引っかかってしまう可能性もあるのです。

そこで、iPhoneで撮影し、保存している動画のサイズを少しでも縮小して、iPhoneの容量を節約する方法を今日はご紹介させていただきます。

iPhoneの動画撮影、カメラの設定を見直そう

iPhoneで動画撮影するときからファイルサイズについて意識するようにする事も大切です。

この場合は動画撮影時の「解像度」を変更するようにしましょう。

iOS9での動画撮影時の解像度は以下の通りです。

・ビデオ撮影
720p HD/30fps
1080p HD/30fps
1080p HD/60fps
・スローモーション撮影
720p HD/120fps
729p 240fps

では早速設定を確認していきましょう。

iPhoneの設定から「写真とカメラ」に入ります。解像度を変更したいモードを選択します。

「ビデオ撮影」「スローモーション撮影」のどちらかですね。動画撮影したい解像度をタップすればOKです。

解像度ごとにiPhoneで動画撮影できるサイズの目安が表示されていますので、設定時に参考にしましょう。

では次に、お友達等に、撮影した動画を送る際に適切なサイズにリサイズする方法をご紹介します。

タグ一覧