最低限設定しておきたいiPhoneのセキュリティ対策!

これだけはやっておきたいiPhoneのセキュリティ面

こんにちは! Applisionです! 少し昔の話になりますが、iPhoneにはウィルスがないので安心! なんてよく言われていたものです。

しかし、時代は流れ、いろいろ進化しています。

セキュリティ対策をしなくていい時代は終わり、自分のiPhoneは自分で守るが暗黙のルールとなっています。

さて、あなたはiPhoneのセキュリティ対策、何か行っていますか?

iPhoneの中には、たくさんの個人情報であふれています。いろいろな状況を、事前にシュミレーションしておいて、セキュリティ対策をしておきましょう!

iPhoneはウイルス感染しない神話

なぜiPhoneはandroidに比べてウィルス感染しにくいのでしょう?

それはiPhoneで使用するアプリが、よほどの事が無い限り、必ずAppleの管理下にあるからです。

iPhoneのアプリってApp Storeからしかダウンロードできないですよね。そのおかげで、iPhoneはウィルス混入のリスクが大変低くなっています。

これが冒頭でお話しした、iPhoneにはウィルスがないから安心!セキュリティ対策なんかしなくてもOK! と言われていた所以です。

しかし、神ともいわれそうなiPhone(iOS)にも、不正なソフトがインストールされるケースが増えてきているんです。

iPhoneに不正なソフトがインストールされる原因

iPhoneに不正なソフトがインストールされてしまう多くが、Safari等のWEBブラウザアプリで、サイトを閲覧した事が原因となっています。

分かりやすいところでは、アダルトサイトの閲覧時に、動画を見ようとタップすると、ソフトがインストールされてしまうケース。

Safariで閲覧していたサイトから、この手のソフトがiPhoneにインストールされてしまうと、ワンクリック詐欺の画面が繰り返し表示されるという事案がありました。

アダルトサイト等は見ないので安心という女性の方も、実は注意が必要です。

中国では海賊版のソフトをインストールしたPCから個人情報を抜き取るアプリというものがiPhoneに侵入した例があるそうなんです。

海賊版ソフトは、セキュリティ対策をしていても、危険がついて回るので、まずインストールしないのが一番です。

しかし、先述のワンクリック詐欺のソフトがインストールされてしまうのは、実は、Apple社のアプリダウンロードシステムの穴をついたものなんです。

なので、これからもこのようなトラブルは増えていくので、しっかりとセキュリティ対策を行わないといけないのです。

Safari等を使用してのWEBの閲覧には、専用のセキュリティソフトを導入するのが一番のセキュリティ対策です。

出来れば有料のものを購入してiPhoneにインストールする事をお勧めします。

ソフトごとに様々な設定がありますので、使いやすいものをお試しでいろいろ使ってみてから購入を検討するのがよいでしょう。次にネット以外の危険もご紹介します。

タグ一覧