トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > Apple IDのパスワード忘れた・間違えた場合の対処法
Apple IDのパスワード忘れた・間違えた場合の対処法
更新
まとめ・説明書

Apple IDのパスワード忘れた・間違えた場合の対処法

Apple IDのパスワード忘れた・間違えた場合の対処法

Apple IDのパスワードを紛失した場合、どうすればいい?

iPhoneを開き、さあ……と思った時に「あれ?Apple IDのパスワードなんだっけ……?」
何て事、ありますよね~
ぶっちゃけApple IDのみならず、ありとあらゆるパスワードが分からない状態になり、使えなくなったなんて事もしょっちゅうです(笑)

そこで今回は、Apple IDのパスワードを間違えたり、忘れた場合に、どのような対処法を取れば良いかを、ご紹介してみましょう!

Apple IDのパスワードの間違い、どうしたらいい?

Apple IDのパスワードの入力を2~3回合わない時は、思っているパスワードは間違っていると思いましょう。
あまり何度もそのパスワードを入力し続けても、意味はありません。

安全性を考慮して、Apple IDのパスワードに限らず「パスワード」と言うものは、出来るだけ、他者から推測しにくいものに設定する事をおススメします。
ですが、思い出せないとなるとそれはそれで困りもの。

なので出来るだけ、忘れにくいけど、推測しにくいパスワードにするよう心がけましょう。

……と言っても難しいですよね。
よくあるパスワードの作り方の注意点にあるように、自分や家族等の生年月日、等を使わないだけでもいいんです。

これからApple IDのパスワード変更するをご紹介しますので、パスワード作成を失敗しないよう、よく考えてから行ってくださいね!

Apple IDのパスワード変更方法

Apple IDとパスワードが別の物である事はご理解いただけていますでしょうか?
まずはその点に注意が必要です。

その点を踏まえたうえで、やはりApple IDの【パスワード】がどうしても分からない場合に、Apple IDのパスワードを変更する方法をご紹介してみたいと思います。

iPhoneの「App Store」を開いてください。

画面最下部までスクロールすると「Apple ID」と書かれている文字は出てきます。
その「Apple ID」の横に出ているメールアドレスが、「Apple ID」です。
もし「Apple ID」を忘れたと言う方は、ここでメモしておきましょう。

それでは進みましょう。

その「Apple ID」と書かれている部分をタップします。
するとポップアップでいくつかの項目が現れますので、その中にある「iForgot」の項目をタップしましょう。

自動的に「Safari」が起動し、iForgotのページに移動します。

移動したら「Apple IDを入力」を選択し、進むとApple IDを入力する画面に移動しますので、正しく入力をしましょう。

Apple IDを入力して、画面い右上にある「次へ」をタップすると、「パスワードリセットオプション」と言う画面が表示されます。

Apple IDのパスワード変更の注意点

ここで注意したいのが、いきなり「メールでリセット」へ行かない事です。
いえ、別にそちらを選択しても構わないのですが、とりあえず横に置いておいて、まずは「セキュリティ質問に答える」に入ってみましょう。

「セキュリティ質問に答える」に入ると、生年月日を入力するページに移動しますので、正しく入力します。

正しい生年月日が入力されると、過去にあなたが任意で設定した「セキュリティ質問」が表示されます。

余程の事が無い限り、正しく答える事が出来るはずですので、質問の答えを入力します。

質問の答えを正しく入力出来れば、パスワードの再設定画面に進む事が出来ます。
そこで新しいパスワードを入力すれば、パスワードの再発行は完了です。

もし……このセキュリティ質問に、答えられなかったら……?

そうなると先ほど見た「メールでリセット」の方法を取る事となります。

画面上にある「戻る」を押す事で、前のページに戻る事が出来ます。

「パスワードリセットオプション」まで戻れたら、「メールでリセットする」を選択します。
すると自動的に、AppleIDに設定しているメールアドレスに、メールが送信されます。

届いたメールを開くと、「Apple IDパスワードの再設定方法」と書かれているのが分かりますね。
このメールの有効期限は3時間となっていますので、速やかに処理を行いましょう。

メール本文の上の方にある「Apple IDパスワードを再設定します」を選択してください。

タップしてアクセスすると、先ほど紹介した中に出てきた「パスワードをリセット」の画面が表示されます。
ここで新しいパスワードを再取得する事が出来るんです。

これでApple IDのパスワード設定方法は分かりましたね?

Apple IDのパスワード設定に必要な小ネタ

パスワードを決める際には以下の点に注意しましょう。

・パスワードは8文字以上
・同じ文字が3文字以上続く

この2つに当てはまると、Apple IDのパスワードは作れないんです。

そして必ず、大文字小文字含む英数字が、すべて含まれていないといけません。

パスワードには、出来るだけ多くの文字・英字句読点 (ピリオド等) を盛り込むようにしましょう。

こうする事で、貴方のパスワードは他者からは、ちょっとやそっとでは暴けなくなる可能性が上がります。
しかし、くれぐれも使えないパスワードを作ってしまわないよう注意しましょうね!

Apple IDのパスワード忘れた・間違えた場合の対処法まとめ!

Apple IDやパスワードは、iPhoneを初期化したい時等の、大事な場面で必要となる事が多いです。
パスワードを忘れて入れない!!……なんて事が無いように、日頃からきちんと管理するようにしましょうね。

最悪の場合、アップルサポートの電話する事で、解決法を一緒に考えてもらう事も可能です。
でも、出来れば、自分で解決できるようにしましょうね。

知って損なし!iPhoneで安全にID・パスワードを保存する方法

この記事を読んでいただいた方は、こちらの記事も是非合わせて参考にしてみて下さい。
Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る