トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneで音楽の歌詞を表示する方法
iPhoneで音楽の歌詞を表示する方法
更新
まとめ・説明書

iPhoneで音楽の歌詞を表示する方法

iPhoneで歌詞が表示させる方法について!

iPhoneで歌詞が表示されたらすごく便利だと思いませんか?
大好きなアーティストの新曲を覚えたり、カラオケのレパートリーを増やしたり、洋楽を聞いて英語の勉強をしたり、用途は様々です。
今回はiPhoneのミュージックアプリに対応している「iTunes」を使って歌詞表示する方法について紹介していきますね!

「iTunes」を使って歌詞表示する方法

iPhoneのミュージックプレイヤーを起動しても歌詞表示はされません。
あちこちタップしてもやっぱり歌詞表示はされません。< /p>

それもそのはず、iPhoneのミュージックプレイヤーで歌詞を表示するにはパソコンの「iTunes」で歌詞を登録しなければならないのです

まずはパソコンで「iTunes」を起動し歌詞表示させたい

曲名の「プロパティ(または「情報を見る」)」を表示します。 曲名やアーティスト名が表示されている下にいくつかのタブがありますのでその中の「歌詞」のタブを開きましょう。 大きな空白のスペースが現れますので、その部分に歌詞を入力していきます。

コピー&ペーストで登録も可能なので歌詞情報サイト等も参考にしてみてください。

・おすすめ歌詞情報サイト
うたまっぷ http://www.utamap.com/
歌ネット http://www.uta-net.com/

あとはiPhoneと同期すれば登録完了

入力が終われば「OK」を押し、あとはiPhoneと同期すれば登録完了です。
iPhone側のミュージックプレイヤーで開いてアートワークの部分をタップすると……見事先ほどパソコンの「iTunes」で登録した歌詞がiPhoneで見事表示されました!

iOS7のミュージックアプリは歌詞表示に対応していますので歌詞が表示されない場合は下記の方法を試してみてください。

iPhone設定画面の「ミュージック」→「歌詞/Podcast情報」をオンにする

これでiPhoneで音楽を聴くときに歌詞が表示されます。

iOS8での歌詞の表示はどうすればいい?

Apple Musicを使って音楽を聴きながら歌詞を表示させたい場合も上記の方法とやり方はほぼ同じです。iPhoneとパソコンの両方がインターネットに接続できることが前提条件となりますのでご注意ください。

・歌詞を登録したい音楽をMy Musicに登録する
・iPhoneとパソコンに入っているiTunesのソフトで「iCloudミュージックライブラリを有効化」した共通のApple IDでサインインする

「iCloudミュージックライブラリを有効化」にするには下記の方法で簡単に行えます

iPhone側の設定:[設定] → [ミュージック] → [iCloudミュージックライブラリ]をオンに。
パソコン側の設定:iTunesの[環境設定] → 一般タブの[iCloudミュージックライブラリ]にチェックを入れて[OK]をクリックする。

あとは先ほどご紹介したとおり、「歌詞タブ」から歌詞を入力もしくはコピーして登録するだけです。
もしもこれらの編集作業を終えても歌詞表示できない場合は「ホームボタン」を2回押して「Appスイッチャー」からミュージックアプリを終了させアプリを再起動してください。

便利な歌詞表示アプリを使えば楽チン☆

忙しい毎日、いちいち1つずつ入力していくわけにはいきません。
出来たら自動でiPhoneに登録してくれるアプリは無いかな~と探してみる事にしました。

・iPhoneの歌詞表示をするおすすめアプリ3選!

同期した歌詞が出る音楽プレイヤーアプリ
『プチリリ』http://petitlyrics.com/

音楽を再生するだけで、自動的に歌詞が流れるように表示される便利なミュージックプレイヤー。対応曲数は国内最大級の約110万曲!新譜、先行配信歌詞も随時更新されている便利アプリです。



歌詞をすぐに見つけてダウンロードすることが出来る便利アプリ
『Lyrics Master』http://www.kenichimaehashi.com/lyricsmaster/

直感的な画面表示はコンピュータに慣れていない方でもすぐに使いこなせそう。1クリックでiTunesで再生中の曲の歌詞を自動的に検索することができるので超便利!
上級者さんむけのハイレベルなオプションもあるそうです。



歌詞を見ながら無料で動画が見放題!
『カシレボ!JOYSOUND』https://itunes.apple.com/jp/app/karaokemo-ge-ciwo-jiannagara/id482819121?mt=8

ついにApple Musicに対応したカシレボ。
このアプリの最大のおすすめポイントは再生中の歌詞の自動取得時にフリガナ歌詞や和訳歌詞もを用意してくれることです。英語の勉強を兼ねて洋楽を聞いている人には凄く有難いサービスですね!

アプリで自動取得した場合の問題点

アプリで自動取得して登録された歌詞は中央揃いになり行間がおかしくなることが多いそうです。
左に文字が揃っていてくれる方が落ち着いて読む事が出来ますよね。

何故左寄せにならずおかしな表示になるかと言うと改行コードと呼ばれているものが悪さをしているようです。この場合はひと手間編集作業が必要になります。

・改行コードを指定できる編集用テキストエディタを使い、自動取得した歌詞をコピー&ペーストしてiTunesに登録する。
・iTunesの歌詞編集画面で改行を全て消してからもう一度改行し直して登録する。

この2通りが一番有効なようです。
洋楽などの場合は変なところで改行されてしまうと訳が分からなくなったりもしますので、手間がかかってもこの方法をとった方が良さそうです。

稀に自動取得したり、入力した歌詞が文字化けしてしまう事もあります。
これはパソコンでは気づかない機種依存の文字が紛れ込んでしまいiPhone側で認識できず文字化けを起こすようです。こちらも絶対的な解決方法はアナログな形のみで、再度登録し直すと言うのが一番有効なようです。

iPhoneとiTunesが同期されない場合の原因と対策について

iPhoneとiTunesを同期しようとするとなぜか同期できない事が起こって音楽を聴けない!

そんな時は一番簡単な方法「iPhoneを再起動」

そう、困った時の再起動(笑)

パソコンでもスマホでもとりあえずおかしいなと思ったら再起動してみると案外簡単に直ったりするものです。
それでもiPhoneとiTunesが同期しないようであれば他にも考えられる項目がいくつかありますので順番に見ていきましょう。

・iTunesとiOSが最新バージョンでない
・iPhoneの容量が不足している
・iTunesの設定[音楽とビデオを手動で管理]が有効になっている
・iTunesの設定[チェックマークのある曲とビデオだけを同期]が有効になっていて聴きたい曲のチェックが外れている。

上記のどれかが原因となっている場合が多いので確認してみて再度同期を試してみてください。

最後の手段は脱獄……?

iPhoneユーザーであれば一度は耳にしたことがある「脱獄」。
Apple社等が機能制限しているリミッターを独自に解放し、iPhoneで自由自在のカスタマイズをする事をこう呼びます。

独自にやる編集作業ですので「自己責任」の文字が付いて回ります。
脱獄についてはネットや書籍などで紹介されていることも多いので試してみたくなりますよね。

しかし「自己責任」の言葉の意味を考えるとお勧めする事は出来ません

「脱獄」行為は修理等のサポート対象外になります。
なので大事なiPhoneを守るためにも迂闊に手を出さない方が良いかと私は思います。

iPhoneで音楽の歌詞を表示する方法

iPhoneでの音楽ライフを快適にする歌詞を表示する方法をご紹介しましたがいかがでしたか?
耳コピだけじゃ満足できないあなた!
ぜひ試してみてくださいね!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る