私のiphoneブラックアウト

iPhoneの電源(画面)がつかない場合に考えられる原因

こんにちは、Applisionです、iphoneの電源がいきなりつかなくなったら、焦りますよね?

iphoneの電源がつかなくなってしまった場合にはいくつかの原因が考えられますので、今日はそれぞれの原因と対策についてまとめていきます。

iphoneの電源がつかない場合に最初にすべき事は?

iphoneの電源がつかなくなってしまった場合、まずは充電が十分であったかを確認してください。

画面がつかないので、正確な充電内容はわかりませんが、最後に充電した時間や最後に残量を確認した時間を思い出しましょう。当然の事ではありますが、充電がなければ画面はつきません。

また充電がなくなり、充電を開始した直後は画面がつきません。

充電切れにより画面が付かない場合は、充電を開始してから画面が付くまでおよそ10分かかりますので注意してください。

水没や衝撃によって電源が入らない場合

iphoneは水や衝撃に弱いです、落下させてしまったり水没させてしまったりする事で電源が入らなくなってしまう事があります。

水没や落下により画面が付かなくなった場合は、修理に出す必要があります。

しかし、その前にデータを移行する時間だけでも電源を入れたいと思う人も多いでしょう。

水没した場合はしっかりと自然乾燥させ、落下した場合は本体の熱が無くなるまで放置し、電源を入れてみてください。一時的に画面が付く事があります。

しかしこれは一時的なものですし、一見直ったように見えても内部は損傷していますから一刻も早く修理を依頼してください。

上記で説明したシチュエーションに当てはまらない場合の対処法を、次から詳しく説明していきます。

タグ一覧