トップページ > まとめ・説明書 > 使い方・お悩み > iPhoneから雑音!?考えられる原因まとめ
iPhoneから雑音!?考えられる原因まとめ
更新
まとめ・説明書

iPhoneから雑音!?考えられる原因まとめ

故障した!?iphoneから雑音がする時の対処法!

iPhoneから雑音!?考えられる原因まとめ

iphoneでは電話中に雑音が聞こえてしまう等、雑音に関するトラブルが多くあります。

今回はiphoneからの雑音の考えられる原因を解説していきます!雑音の種類によっては初期の不具合の可能性も考えられますので一度チェックしてみましょう!

通話時の雑音トラブル

通話中に発生する雑音トラブルが一番多いようです。

症状としては、iphoneで電話を行う際にガガガガと言う雑音が聞こえたり、雑音が入り相手の声が聞こえなくなったりします。

通話時の雑音は、iphone本体の故障による場合が多いです。放置していると、雑音の回数が次第に増え、正常な通話が不可能になり、その他の機能も失われることがあります。

通話時に雑音が聞こえる場合は、速やかに修理を行う必要があります。

※iphone5では初期不良での通話時の雑音が確認され、交換されることが多くありました。iphoneを新しく購入した際には通話して雑音がないか確認してみましょう。

汚れが原因の雑音

・スピーカーが汚れている場合
通話時だけでなく音声案内や音楽を聴く際等、iphoneの音声全体に異常がある場合は、故障の他に、スピーカーの汚れが原因であることも考えられます。

スピーカーの汚れが原因の雑音が多いので、スピーカーを清掃してみてください。

詳しいスピーカーの清掃方法については、
過去記事:【ゴシゴシ】iPhoneの適切な掃除方法はこれだ!
をご覧ください。

・マイクが汚れている場合
マイクが汚れている場合は撮影した動画やボイスメモなど入力した音に雑音が混じってしまっていることが多いです。

また通話相手が雑音を感じたり、音声が切れてしまったように聞こえることがあります。この場合は、マイクを清掃することで雑音は消えます。清掃後にボイスメモの編集やムービーの撮影を行い、雑音が消えているかどうか確認しましょう。

・ヘッドフォンジャックが汚れている場合
iphoneはandroidではふさがれているヘッドホンジャックが剥き出しになっています。そのためヘッドホンジャック内に汚れが溜まり、異物として認識されてしまっていることがあります。

このような場合は、音声自体が聞こえなくなることがありますので清掃してください。

次からは、清掃する前にチェックしておきたいBluetoothの設定方法についてご説明していきます。

Bluetoothの設定変更方法

ヘッドセットを利用していない場合であればBluetoothがオフになっているかどうか確認することから始めます。

1. 設定から一般を開きます。
2. 一般からBluetoothがオフになっていることを確認します。
3. 左側についている音量を調節するボタンを押し、音量を確認します。
4. 表示される音声の下に「ヘッドホン」と表示されるかどうか確認します。

ヘッドホンと表示される場合はヘッドホンジャックへの異物が原因です。清掃し異物を除去すれば音声は聞こえるようになります。

以上、汚れが原因と考えられる雑音と対処法でした!

iphoneの雑音は故障が原因の場合と汚れが原因の場合に分けられます。落下や水没によっても雑音が生じてしまうことがあります。

1つ1つ汚れをチェックしていっても雑音が改善しない場合は、速やかに修理を行ってください。雑音から深刻な故障につながることも十分に考えられるので、たかが雑音と放置せず、しっかり対処しましょう!

Crest Working Holdings - 今、目の前に軽く100万人を感動させるプロがいる
ページトップへ戻る