備えあれば憂いなし!iphoneでバックアップをとる方法

iPhoneの各データバックアップ方法まとめ

iPhoneを使うメリットは「バックアップが簡単にとれる」こと。
万が一iPhoneを無くしても、バックアップを取っていればデータを失うことはないので安心ですよね。

そこで今回は、iPhoneのバックアップの取り方をまとめておきたいと思います。
普段なんとなくmacに接続してただけ、なんて方は、一度おさらいのつもりで確認してみてください。

バックアップ方法は、「iCloud」と「iTunes」の2種類あります。

iCloudでバックアップする

まずは簡単にできる「iCloudでのバックアップ」です。
最初にiPhoneを以下の状態にしてください。

・wifiに接続する。
・iPhoneを電源に接続する。
・ロックする。
・iCloudに必要な空き容量がある。


「設定」→「iCloud」→AppleID、パスワードを入力してサインイン → 「ストレージとバックアップ」→「iCloudバックアップ」をオン →「今すぐバックアップを作成」→「前回のバックアップ」に表示されている時間が更新されれればOK!

<iCloudでバックアップできるデータ>

・写真、ビデオ
・音楽、映画、テレビ番組、アプリ、本の購入履歴
・デバイスの設定
・アプリデータ
・SMS、MMS、iMessageのメッセージ
・ボイスメール
・着信音

タグ一覧