iphoneを紛失したときに追跡する方法をご紹介!

iPhoneをなくした際の追跡方法知っておこう!

iPhoneって本当に便利ですよね。もう生活するにあたって、なくてはならない必携品と言っても過言ではないと思います。
ただ、どこへでも携帯するということは、その分紛失する可能性も高くなるんですよね…

携帯電話をなくしたことがある人は意外と多いと思いますが、ラッキーなことに見つかる人の方が少なく、そのまま見つからず無くした話の方が多く聞きます。

昨日最後に寄った飲み屋に忘れてきたなど、はっきり場所がわかっている場合はまだマシ(それでも出てこない時があるんですけどね…)ですが、どこで落としたかをはっきり覚えてない場合なんかは、もう絶望的です。

あきらめないで!

iPhoneには紛失や盗難に遭った際に、自分のiPhoneのばしょを探すアプリがあります。
そんなわけで、今回はiPhoneをなくした際の追跡方法をおさらいしましょう!

・まずは設定
イザという時に大変心強い機能なのですが、設定しないことには使用できません。
転ばぬ先の杖ということで、設定を確認していきましょう。
設定は4/4s/5/5c/5sどれでも共通です。

1.画面の「設定」をタップします。
2.「iCloud」をタップします。
3.「Apple ID」と「パスワード」を入力し、「サインイン」をタップします。
4.「iPhoneを探す」をONにします。
5.「”iCloud”がこのiPhoneの位置情報を利用することを許可しますか?」とメッセージが表示されるので「OK」をタップします。

設定は以上です。
これで、gpsなどの位置情報をもとに、iPhoneの位置がすぐわかるようになりますよ。どこにiPhoneを置いてきても大丈夫!

と、その前に。

タグ一覧